プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2007年03月31日

もう既に春ですね〜♪
(注:キャンディーズのノリで… 分かるかな〜?)

ここ数日で、桜が一気に咲いてきました。
今日明日は、各地でお花見が多いことでしょう。





まずは、昨年のお花見写真の蔵出しを。

こちら、隊長が庭代わりにしている河川公園です。
ここで、アジリティーの練習もします。



昨年の4月8日の写真です。
koro地方では、だいたい、入学式の頃、満開になることが多いのですが、今年は、葉桜になっているかもしれませんね。



こちらは、山口市内のお花見スポット、一の坂川です。



こちらも、昨年4月8日の写真です。

(おやつを見てるんじゃないよ! お花を見てるんだよ!)


5月下旬〜6月初旬にかけて、幻想的なホタルの舞が見られます。

(パパと)


一の坂川ホタルロードは、環境省の「ふるさといきものの里100選」に選ばれており、山口ゲンジボタルは、国の天然記念物にも指定されています。





(ママと)


それでは、今年は、どうかと言いますと…。



同じく一の坂川の今日の様子。
まだ、満開ではありませんが、去年より数日、開花が早いようです。



橋の上で、撮影中のkoropapaを撮るsisiカメラ。
向こうで少年と犬が見ています。



パパカメラでは、こんな感じ。



一の坂川周辺には、昔風の喫茶店が多いんです。
今日入ったのは、琥珀さん。
店内には、城達也氏のジェットストリームのナレーションと音楽が流れ…。
しばし、昭和気分に浸りました。

コーヒーと手作りプリンなどを食べ…



夜7時まで待つと…。



ライトアップが始まります。







夜桜を撮るのは、なかなか難しいですね。
koro隊長の目も、ライトアップされています(笑)。




桜と言えば、儚いものの代名詞。

「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ 」(西行法師)

あと、何回、koro隊長と桜を愛でることができるのかと考え、ちとセンチになり申したkoro家でした。


【koro隊長からのお願い】


桜がまだまだ散らないように願って、祈りのポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 花より団子のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 23:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

koro隊長がゆく!

【棚卸し】

年度末ですね〜。
今日は、多くのカイシャで、棚卸し作業に追われたのではありませんか?

株式会社koroも、今日は棚卸日であります。

koro隊長は、おやつとおもちゃの棚卸しに余念がありません。

(旅先で荷物の確認中)


元旦に始めたこのブログも、明日で3ヶ月になります。
ホンマ、よう続くで〜。

この機会に、ネタの棚卸しを思い立ち、リストアップを始めましたら、100個までいってしまい、飽きたのでやめました(笑)。
まったく、尽きせぬネタを提供してくれる我が家の動物隊員たちです。
その中でもkoro隊長は、一番のネタの宝庫。
なので、なかなかネコやカメまで、話が回りませんね。

【お友達紹介】

りりやんままさんは、北の国からいつもコメントしてくださるkoro家のブログ友達(ブログはこちら)です。
りり家は、YNC(山口ネットコーギーズ)のネット会員さんでもあるのだ。
北海道まで会員さんがいるとは、YNCも全国規模を誇りますのお(まだ会員は、10人未満だけど…)。

りりさんは、隊長と同い年の4歳(1ヶ月違い)だけど、ちょっと体を痛めて、アジリティーは諦め、今はダンスに挑戦中。
パラははさんのHPを見て、その気になられたとのことですが、行動が早いですね。
ママさんちは、りりさんの他に、ボーダーコリーの菜々子ちゃんや、チロリちゃん、ミロリちゃんの合計4ワンコと暮らしていらっしゃいます。

【koro劇場】

そのりりやんママさんのブログで、面白い遊び(ゴールデンメッセ劇場)が紹介されていましたので、さっそく、真似しいのkoro隊長も、遊んでみました。

こちら、koro隊長の第一回監督作品。
ハリウッドスター総出演、世紀のアクション大作です。
YNCの女優陣・ラブちんとはなこしゃんに、競演を勝手にお願いしました。
失礼なコメント、お許しをば。



続きまして、第二回監督作品。
スターウォーズシリーズ顔負けのSF超大作です。
こちらは、パラパラ星人ことパラちゃんとりりやん隊員に出演をお願いしました。



え〜、それでは、巨(虚)匠のkoro監督より、舞台挨拶です。



「皆さん、お元気ですか〜?
わたしの作品の前衛的メッセージが、お分かりいただけましたか?」

という訳で(どういう訳か分かりませんが)、
今後もkoro劇場・本編に、末永くおつきあいのほどを。


【koro隊長からのお願い】

ネタの製造に余念のないkoro隊長へ、応援のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by おやつのネタも新鮮な方がいいkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 23:07| Comment(9) | TrackBack(0) | koro隊長のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

犬連れ旅行のススメ 〜高知編1

高知への犬連れ旅行レポ、続編をお届けします。

競技会の結果は、今一つだったけど、我が家の遠征は、犬連れ家族旅行を兼ねているので、こちらの方は、楽しかったです。

午後1時過ぎに、山口を出発したkoro隊長一行は、瀬戸大橋を渡って、7時に「旅館浦戸一」さんに到着しました。
高知ICから約30分。
浦戸湾に面したところに立つ4階建ての旅館です。



ここは、犬連れOKの旅館。
高知有数の景勝地である桂浜のすぐ近くに位置し、観光にも絶好の立地条件です。



アジリティー競技会の会場がある香南市野市までは、車で約40分の距離でした。
我が家は、競技会の会場まで、少々距離があっても、koro隊長と同宿できる施設を探します。

玄関前での記念撮影。



写真慣れしたkoro隊長は、心得たもの。
ちゃんとカメラ目線で、ポーズを取ってくれます。



夜は、ネオンが目印。



こちらは、フロントです。



坂本龍馬殿の写真が、お出迎えしてくれました。
実物との面会は、翌日です。



隊長も、廊下を歩いて、部屋まで移動します。
こちらの旅館は、ロビーや廊下も、犬の歩行がOKなんです。



エイリアン、廊下を移動中。
目が光っています。

(メン・イン・ブラックのエイリアン犬)


どこでもドア(エレベーター)が苦手のkoro隊長。



腰が引けてます…。



機械類が苦手のkoro隊長、がくがくと足が震えています。



部屋に着いたkoro隊長一行は、ひとまずくつろぎます。
畳の部屋は、やはりいいですね。



隊長は、さっそくマナーパンツを装着。
尻尾がないのに尻尾の穴があるのが、ちょっとお間抜け。



これ、コーギー用ということで買ったんですが、すぐに外れてしまうんです。
一度、サイズ交換してしてもらいましたが、それでも脱げるので、さいさいつけ直さなければならないのが、面倒です。

↓外れると、ずるずるとパンツを引きずって、さらに間抜け。
はなこmamaさん、何かいいアイデアないですかね?



しばらくすると、テーブルの下をくぐって、行ったり来たりするkoro隊長。



翌日のアジリティー競技会に向け、トンネルくぐりの自主練に余念がありません。


こりゃ、感心感心!


と思いきや…。


実はこれ、後に繰り出される大技の予行演習だったんですね。
その大技とは

おーっと、時間が来てしまいました。
良い子は、寝る時間なので、また明日…。



【koro隊長からのお願い】


旅は道連れ、世は情け。
koro隊長一座の旅日記に、応援のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 旅の先々で、何かやらかすkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 22:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 高知犬連れ紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

九州ブロックアジリティー競技会 〜隊長編2

3月25日に行われた九州ブロックアジリティー競技会。
AG2で、目の前の釣果(クリーンラン)を逃したチームkoroは、気を取り直して、JP2の競技に望んだ。

全長154m 旋回スピード3.28m/sのコース設定。
90度、180度、270度など、旋回に次ぐ旋回を要求するハードルの配置や変形ボックスが連なる難コースである。
ハンドラーはスイッチの連続で、目が回りそう。
トラップだらけのため、ちょっと気を抜くと、違うバーを跳んでしまう失格につながる。
コースの順番を覚えておくだけでも、かなりの集中力が要りそうだ。

事実、競技終了後の結果発表を見ると、スモールで3割以上、ミディアムで4割以上、ラージでは、実に、7割近い失格者が出ていた。

タイムは気にせず、障害ミスのないことを目標にして、競技に臨む。

スタート!

スピードをやや抑え、ハードルのジャングルを、かき分けながら、慎重に進む…。

前半から中盤にかけてのトラップ群を、何とかクリアしながら、終盤に差し掛かる。

よし!

ここで、ハードルから、90度の角度に配置されたスラロームが待っている。
しかも、ハードルの位置は、スラロームの進入ゲート(入口)とは、反対の方向である。

このシーケンスにどう望むべきか?

 : ハードルを跳ばせた後、フロントスイッチをかけて、ハンドラーのヒールサイド(左側)から、スラロームに進入させる。

 : フロントスイッチをせずに、緩やかに左旋回させながら、ハンドラーのディスサイド(右側)で、進入させる。

コース検分のときに、このシーケンスの処理方法については、一応検討していた。

まずは、Aのフロントスイッチして、ヒールサイドで進入させる方法。
この方法のメリットは、

@スラロームのゲート(入口)に対し、理想的な進入角度になるよう、犬の走行ラインをコントロールすることができる。
Aハンドシグナルや犬との位置関係の取り方により、より直接的にゲートへと、導くことができる。

であるが、一方、デメリットとして、犬にプレッシャーをかけすぎて(押し過ぎて)、ゲートミスを犯すというリスクも考えられる。

一方、ディスサイドでの進入を選択した場合、前述のメリットとデメリットが逆転する。
ラインコントロールは、Aに比べると犬任せになる(犬の自由度が増す)。
犬がゲート進入に熟達している場合は、そう問題ないが、未熟な場合は、進入ミスの確率がやや高まる。
その反面、プレッシャーによるミスは、逆に少なくなる

最近、隊長のスラロームへの進入が、不安定になっていることに気付いていたので、ここは犬任せにせず、より直接的な指示のできるA(ヒールサイド)を選択した。


だが…


ここで、不安が現実のものになった。

プレッシャーをかけすぎて、スラローム入口への進入ミス(拒絶)を、引き起こしてしまったのである。

ギャラリーの「あ〜〜」という声が聞こえる。


呼び戻しで、8秒程度のタイムロス。
さらに、やり直しで、進入スピードが殺されため、とろころモードでスラロームを、通過することになった。

これにより、拒絶1に加え、タイム減点が加算されることになった。

動画にて、反省。



これまでは、考えられなかったミスの発生である。
(競技会でのスラロームのミスは、これまで1度しかない)

一度マスターした技術が、努力なしに維持されるという考えは幻想である。

タッチゾーンにおけるミスしかり…。

チームkoroは、習得した技術を、維持する努力を、忘れていたことに気付かされた。
物事を習得する過程は楽しいものだが、維持する努力は、地味なものである。

昨年の後半戦は、3連続クリーンランを始め、破竹の勢いだったチームkoroだが、考えてみると、夏場、毎日のように練習していた。
やはり、練習せずに、技術を維持できるほど甘くはない。

あまりにも当たり前の事実を忘れていた。
これを、慢心といわずして、何と言おう。

丸坊主になったkoro隊長)


むろん、毎回、クリーンランできるわけではない。
むしろ、クリーンランできない試合(競技)の方が多いのだから、そういう競技を、どうまとめていくかが重要だ。
例えミスがあっても、納得のいくミスとそうでないミスがある。
この2大会のミスは、後者の方だった。

競技には、課題を持って望み、終了後に、反省と総括を行う。
そこで、問題点が出てきたら、日常の練習で克服していく。

いわゆるPDCAってやつだ。

そうした螺旋形の進歩の過程にこそ、アジリティーの楽しみがあるのだと思う。


(勝利の雄叫びならぬ雌叫びをするはなみちちゃん)



そうだった…


思い出しだぞ!


あの頃は、楽しかった…。

ハードル1本跳んでくれただけで、大喜びした…。

ノーリードで、走ってくれただけで、感激の涙が出た…。

時は流れて、彼はアジリティーチャンピオンになった。


が…


何か忘れて来たものが、なかっただろうか?

瑞々しい感動。
心を合わせる練習。
ともに流す気持ちいい汗(犬は舌を出すだけだが)。
進歩する過程を楽しんだ日々…。

チームと呼ぶにふさわしい絆があったよね。


帰りなんいざ!


もう一度、


あの頃へ…



【koro隊長からのお願い】


アジリティーの奥深さに、今更ながら気がついたチームkoroを、激励していただくようお願いします。
下のバナーを、クリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 初心に戻ることを決意したチームkoro)
posted by koropapa & koromama at 20:50| Comment(8) | TrackBack(0) | アジリティー競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

虹の橋の向こうから、戻って来ました!

NEWS











虹の橋を渡って、幾歳月…。




































天国生活にも、

そろそろ飽きてきて…

































虹の橋の向こうから、てけてけ、よちよちと…







戻ってきましたあの方が…











誰がって?











ジャジャーン!











この方です!



















(トライ・トライ・トライ)





(肉球・肉球・肉球)





分かりません?











昨日3月26日は…











セント・パラダイス・オブ・プレシャス・チヅ・JP





さんのお誕生日!





誰ですって?










お母さんから、もらった名は…。











そう…





















パラちゃん!







YNC山口ネットコーギーズ)特別顧問





昨日は、パラちゃん14歳の誕生日!







その日に、戻ってきましたパラちゃんが…。











お母さんの元に。






















生まれ変わっても、やっぱりトライなのね!





隊長一家は、祝福します。







熱き再会を…







めぐり合いの不思議さを…







いつまでも途切れない力強い絆を…













何があっても…



いっしょだよ!











パラははさんとパラちゃんの生まれ変わりさん。











二人の未来に幸あらんことを…











【koro隊長からのお願い】





おいら、こんな嬉しいことは、久しぶりだ!
二人の熱き再会に、祝福のポチッをお願いします。
下のバナーを、クリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by すべてのワンコの幸せを願う隊長)
posted by koropapa & koromama at 17:30| Comment(6) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

九州ブロックアジリティー競技会 〜koro隊長編1

福岡県芦屋町総合体育館のグランドは、koro隊長が、2年前の3月に、1度デビューした思い出深い会場です。

思えば、あの時、デビュー戦でクリーンランしたのが、アジハマへの道を歩むきっかけとなりました。



今回の競技会では、出陳数が多いためか、この会場としては、初めて見る3リンク使用の競技進行でした。

つばさ隊員やはなみちちゃんの活躍を見届けたあと、昼過ぎから、koro隊長が出陳するAG2のコース検分が始まりました。

(競技が終わってくつろぐはなみちちゃん)


アジリティー競技会のコースは、競技の審査を担当するジャッジが作成し、当日、各競技の前に、初めてその姿を現わします。
出場者は、7〜8分間のコース検分と言われる短い時間のうちに、障害の順番を覚えることはもちろん、トラップ(罠)の存在やコースの性質を分析して、ハンドリングの方法を検討する訳です。

今回のコースは…。

むむむ…。

要注意のトラップが2箇所あるものの、全体的には、易しいコースに見えます。

しかし、トラップには、あからさまに目につくもの(顕在トラップ)のほかに、見えないトラップ(潜在トラップ)とでも言うべき存在があります。
顕在トラップは、誰もが一目で分かるもので、直進方向にトンネルの入口やタッチ障害が置かれているが、実際の走行順は、それとは異なる別の障害に行かなくてはならないというようなケースです。

潜在トラップは、一見したところでトラップの存在に気付かず、実際に走行してみて、初めてトラップの存在を思い知ることになる、微妙なトラップのことで、こちらの方がタチが悪いです。
障害と次の障害の関係は、上のクラスに行くほど、並行な位置関係(角度)や単純な直進方向に配置されることは少なくなり、さまざまな角度がつけられていますが、その角度が微妙な場合などに、潜在トラップが存在することがあります。

コース作成者が、自身も手練のハンドラーである場合、一見易しそうに見えるコースの中に、潜在トラップが仕掛けられていることがあります。
それは、走りやすく、スピードの出るコースに仕掛けられた地雷のようなものです。
抑制されたスピードでは、ひっかけになりませんが、ある程度のスピードが出て、初めてトラップに変身する微妙な障害の位置関係があります。
スピードをわざと出させ、何でもないシーケンスをトラップに変身させようと意図されることもあり、このあたりは、コース作成者とハンドラーの知恵比べと言ったところです。

チームkoroも、世界的なジャッジやプレイヤーが作成したコースを何度か走りましたが、一見何の変哲もなく、簡単そうに見える場合がありました。
しかし、考え抜かれたコースであることは、実際に走行してみて始めて分かります。
彼らの作り出す、流れを重視した美しいコースは、走行する側に満足感を与えてくれますが、同時に、微妙なハンドリング技術を必要とする潜在トラップの存在も、教えてくれました。

最近の日本のアジリティー競技では、旋回を多用した難コースや、アクロバティックとも言えるハンドリングの腕試し的なコースが時々見られますが、ハンドラーも絶えずスイッチしなければならず、忙しいことこの上ありません。
そうしたコースでは、流れやスピードが犠牲にされることがあり、ハンドラーにも、疲労感が残ります。
果たしてこういう傾向は、どんなものでしょうか?

(応援してくれたかのんちゃんは、秋にデビューとのことです)


犬には、
@目に付いた障害(普通、直進方向や目の前の障害)へ行こうとする。
A自分の好きな障害(ジャンプ系、トンネル、タッチ障害など、犬によって皆違います)へ行こうとする。
B苦手な障害や嫌いな障害を、避けようとする。
などの性質や心理があります。

ある犬には何でもないシーケンスが、別の犬にはトラップになることがあります。
こうしたことを考慮して、コースを分析したり、自分の犬の心理を読んで、ハンドリングを組み立てなくてはなりません。

コースの攻略方法を考えたら、スイッチ(犬との位置関係を変える)やコマンド、クラッピング(手を叩く)などを使用して、犬へ的確に指示を与えたり、犬とハンドラーの位置関係や距離の取り方に、注意します。



さてさて、今回のコースは…

コース全長158m 旋回スピードは2.98mです。
通常、3.2〜3.5m程度の旋回スピードの設定が多い2度のクラスにしては、少しゆるく見えます。
今回、旋回スピードは気にしないと決め、競技に望みましたが、これでは、焦らずとも、十分標準タイム内でクリアできる可能性が高いと思われます。

これは、チャンス!

しかし、潜在トラップがあるかも知れないので、気を引き締めてかからなければなりません。

今回のチームkoroの出走順は、比較的後ろの方でした。
先発するチームの走りを見ていると、クリーンランするペアが続出!
内心、期待が高まります。

ついに、隊長の番です。

スタートして、ハードル1番、2番をジャンプし、ドッグウォークへ。
最近、タッチミスが多い障害なので、慎重に制止して、クリア!

次のハードルをジャンプすると、目の前にハード(チューブ)トンネルの入口が誘いをかけています。

トラップです!

すぐにクラッピングとフロントスイッチで注意を引き付け、右旋回させます。

よし、うまくいったぞ!

シーソーに続いて、緩やかに左旋回しながら、ハードルやロングジャンプをクリアしていくと…

続いて、スラロームが控えています。

スラロームで失敗することは、ほとんどなかった隊長ですが、最近は少し不安定になってきています。

慎重にスピードを抑制して、進入します。

この直前のシーケンス(一つながりの障害)は、スピードが出るように設計してあり、スラロームのゲート(入口)を通り過ぎてしまう犬がいましたので、一種の潜在トラップと言えるかも知れません。

ちょっと、ひやりとしたものの無事クリアです!

続いて、Aフレームを上って、慎重にタッチさせるように制止。

Aフレーム直後のハードルをジャンプすると、目の前にドッグウォークの上り口が…。

再び、トラップです!

ここも慎重に右旋回させて、ハードトンネルに誘導。

あとは、慎重にいけば、特に問題のないコース終盤に差し掛かります。

よし、いけるぞ!

レンガに続いて、ソフトトンネルからタイヤをクリアすると、最後のコーナーで、3連のバー障害(ハードル)が待っています。

ここで…

ゴール3つ手前のバーが落下!!!

何ともったいないミス!

実は、この3つのハードルには、微妙な角度がつけてあるので、検分時にバー落しの不安が脳裏によぎっていた箇所です。
悪い予感が的中してしまいました。

(sisiに慰められるkoro隊長)


ここは、慎重にフロントスイッチをして、バーに対しなるべく直角に跳ぶようにラインコントロールすべきでした。

後悔、先に立たず!

しかも…

走行中は気付かなかったのですが、Aフレームの降り口で、失敗(タッチミス)の判定を取られていましたので、結局、失敗2(減点10)の結果に…。

(反省する隊長)


タイム的には、十分余裕があったので、悔いの残る結果になりました。

結果発表を見てみると、クリーンラン率は5割を超える高率。
通常の競技会では、1〜2割であることを考えると、やはり、狙い目のコースであったことが分かります。
(ラージクラスでは、クリーンラン率が3割台に落ちていましたので、スピードのある犬には、トラップがきつかったのでしょう)

あれだけ、気をつけようと思ったタッチミスを発生させたことが、一番の後悔。
さらに、懸念していた終盤のバー落しが出てしまったこと。

(しょげる隊長)


動画を、見ていただきましょう。



アジリティーは、たった数十秒間の出来事ですが、短い間に、さまざまな葛藤や思惑が交錯し、臨機応変さや瞬間的判断など、目まぐるしいドラマが、ハンドラーの内面に展開されています。
そんなメンタリティー溢れるスポーツだからこそ、難しさもあり、また、奥深さや面白さもあるんですけどね。



失敗から学ぶことは多い…。
人(犬)生、山あり谷あり…。
谷間にいるときにこそ、学ぶべきことがある。


などと考えて、気を取り直そうとするチームkoroであります。

まだまだ修行は、続きます…。

【隊長からのお願い】


壁に突き当たったkoro隊長に、激励のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 人生楽ありゃ、苦もあるさ〜♪と歌うkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 22:05| Comment(4) | TrackBack(0) | アジリティー競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

九州ブロックアジリティー競技会

福岡県芦屋町の総合体育館グランドで、九州ブロックアジリティー競技会が開催されました。
昨日の雨から、天候も回復して、まずまずのコンディションです。

【祝・つばさ隊員デビュー】

アジリティーを始めて、まだ2ヶ月あまりのタッチパパ&つばさ隊員のペアですが、競技会デビューが、早くも実現しました。
DAC(ドッグランアジリティークラブ)からのデビューチーム第一号です。

競技種目は、OPEN1と言われるビギナーコース。
ビギナー向けとは言え、ハードルとハード(チューブ)トンネル2本を使用し、適度な旋回を取り入れたコースです。
昔のオープン競技は、U字型の単純なコースが多く、リード付きでやる人も多かったものですが、最近は、競技人口の増加とレベルアップに伴い、コースの設定も、年々難しくなってきている感じがします。

(出走を控えたつばさ隊員ご一家)


さて、緊張の?スタートです。
スタート直後に、やや左へ曲がるコースでしたが、やる気満々のつばさ隊員は、ダッシュして、一直線に行ってしまいました。
コースを外れたので、パパさんが呼び戻しましたが、ハードルを反対側から跳んでしまい、残念ながら失格です。

チームつばさ・奮闘の様子はこちら。



パパさんのお話によると、つばさ隊員は、ここ数日、テンションが高くなっていた様子。
競技会には、多くのギャラリーや出場選手たちの熱気など、独特の雰囲気がありますので、ハンドラーの緊張と興奮が、ワンコにも伝わるんですね。
かく言うチームkoroも、出走前は、いまだに緊張します。



今回は、競技会ちゃあどんなもんかいねえ、と全体の雰囲気を、味わうのが目的でしたので、これで良しとしましょう。
タッチパパさんも、アジリティーの楽しさと難しさを、両方感じ取られたのではないかと思います。



9月の競技会で、リベンジを宣言されていたのは、心強い限り。
今日が、次なる段階への新たなスタートですね。
これからも、いっしょに頑張りましょう。

(競技終了後も、熱心に観戦されるつばさ隊員一座)



FNCのホープ・はなみちちゃんがW優勝!】

FNC(福岡ネットコーギーズ)北九州支部のはなみちちゃんは、先日のFNCちっご支部のオフ会でお会いした可愛くハイパーな女の子です。
今日は、ママさんとのペアで、OPEN1OPEN2に出場されました。
今回の競技会で、3度目の出場とのことですが、ぶっちぎりの速さを見せて、何と両クラスとものW優勝です。


こちらが、OPEN1の走りです。



続いて、OPEN2では…。

(やる気まんまんのハイパーレディ)


見事なスタート!



トンネルへ一直線!



クラッピングで、注意を引き付けるママさん。



風のようにフィニッシュ!



ギャラリーからも拍手が沸き起こります。



健闘を称え合う二人。



はなみちちゃんの旋回スピード(1秒間の走行スピード)は、4.5m〜5mと、koro隊長には羨ましい俊足。
秋の競技会では、華々しい1度デビューが見られそうですね。

ママさんと、晴れの表彰式です。

(OPEN1とOPEN2・両方とも一等賞!)


これで、アジハマ(アジリティーにはまること)の道に、ずぶずぶと…(笑)。
ようこそ、いらっしゃいまし(笑)。

さてさて…

YNCオフ会のダンスデモで、お世話になったケンレオさんは、りらちゃんと服従競技に出られ、ご健闘されたそうですが、残念ながら、見逃してしまいました。
スミマセン。

(心優しいまあさちゃんは、りらちゃんの娘さんです)


まあさちゃんとはなみちちゃんの2ショットです。

(まあさちゃんに自慢するはなみちちゃん・右)


まあさちゃんも見直したようです。



という訳で、はなみちちゃんの大健闘、おめでとうございました!


今回は、koro隊長のスクール仲間のワンコたちも、表彰台に数多く上り、好成績を残されました。


さて、肝心のkoro隊長はと言えば、今回も振るわない成績でしたので、反省会をやり、明日、ご報告致します。

(暗い雰囲気の隊長テント)


パラははさんも、応援ありがとうございました。

koro隊長からのお願い】


デビュー戦を終えたつばさ隊員とW優勝のはなみちちゃんに、慰労とお祝いのポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by クリーンランが遠いkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 21:12| Comment(8) | TrackBack(0) | アジリティー競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

JKC九州ブロックアジリティー競技会前日

明日は、福岡県芦屋町で、アジリティー競技会が開かれます。
本来なら、前日の今日は、調整を兼ねて軽い練習をしたいところですが、生憎の雨…。
相変わらず調整不足ですが、ぶっつけ本番でいきましょう。

今回の審査委員長は、関西の雄・山口郁夫先生。
先生のコースは、何度か走ったことがあるはずですが、整理が悪いので、よく覚えていません(笑)。
本当は、ジャッジごとの傾向と対策を立てられると、いいんですけどね。
チームkoroは、走りっぱなしで、反省と総括を、しっかりやらないもんで、いけません。

(出走前の隊長・「この人誰?」)


高知の反省から、今度は、タイムを気にしないで、走ってみようと思います。
標準タイムや旋回スピードを聞いて、走り方を変えるのではなく、まずは、しっかりしたハンドリングを心がけ、タイムは結果的についてくるものという考え方で、競技に望もうと思います。

今回は、標準タイムオーバーを、気にしないぞ!

(丁寧に指示しましょう)


そこで、
@必要な箇所で、丁寧にコマンドやクラッピングを出す。
Aタッチゾーンでのタッチを、慎重に行う。
B最後まで、集中力を切らさない。

この3点に気をつけて、競技に望むことにしました。

あとは、コンディションのいいことを祈ります。

(タイヤをクリアして、右に旋回中・静止画で見ると早く見えます(笑))


明日は、DAC(ドッグランアジリティークラブ)のタッチパパ&つばさペアのデビュー戦でもあります。
すでに今晩、北九州入りされるそうで、隊長と違って、気合が入っています(笑)。
こちらも楽しみですね。

さらに、FNC(福岡ネットコーギーズ)のはなみちちゃんパラははさんケンレオさん(訓練競技会に出場される予定)にも、お会いできるので、FNCのプチオフ会みたいになりそう。

さらにさらに、スクール仲間や先輩方も、大挙出場されるので、明日は忙しくなりそう。

チームkoroも初心に戻って、頑張るぞ!

【koro隊長からのお願い】


明日のアジリティー競技会に向け、とろころモードが出ないように、気合注入のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 地面びちゃびちゃが嫌いなkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | アジリティー競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

四国いいとこ、一度はおいで♪ 〜道中編

四国地方でのアジリティー競技会の戦績(AG)は、5大会中、クリーンランが1回のみと、あまり戦績は良くないんです。
でも、犬連れ旅行としては、楽しい思い出がいっぱい!
そもそも、アジリティー競技会に出始めるまで、四国には一度も上陸したことがなかったのですが、競技会遠征のおかげで、四国四県すべて行くことができました。

今回の四国旅行記は、高知編です。

まずは、高知までどうやっていくべえ?
ということで、交通ルートの検討です。

旅は、交通機関やルートを、検討するのも、楽しみの一つです。

四国へ渡るには、本四連絡橋の3ルートか、各地からのフェリー便を利用することになりますが、長州藩からは、以下のルートが考えられます。

@しまなみ海道ルート
しまなみ海道⇒松山道⇒高知道を通るルートで、距離的には一番近く思えますが、しまなみ海道自体の距離が長い(59.4q)うえ、今治から松山道まで、一般道を利用しますので、かえって時間がかかります。

A瀬戸大橋ルート
高松道から高知道へ入るので、少し西に戻るようになりますが、瀬戸大橋は、本四連絡橋の最短ルート(37.5q)のうえ、高速一本でつながっているため、時間的には、最短となります。

Bオレンジライン・フェリー利用。
柳井・松山間のフェリーの所要時間が2時間半。
乗船手続きや待機時間を入れると、3時間を要します。
フェリー乗船中、休憩できるというメリットがありますが、トータルの所要時間は、長くなります。

C中・四国フェリー利用。
広島県竹原市(竹原港)と愛媛県今治市(波方港)の間を運行。
所要時間65分。
こちらも、山陽道河内ICから竹原港までと、波方港から松山道いよ小松ICまでの間、一般道を通行しなくてはならないため、余分な時間がかかります。

ということで、今回はAの瀬戸大橋ルートを採用しました。

瀬戸大橋は、5つの島を結ぶ6つの橋梁と高架橋によって構成されており、吊橋、斜張橋、トラス橋の3種類の橋が使われています。
橋梁部は、約9.4q、高架橋を含めると、13.1qの総延長を持ち、鉄道・道路併用橋としては、世界最長であります。



こちら、
与島PA、景色を堪能するなら、ここです。
展望台や展望公園もあります。



景色もいいし、犬の散歩にもちょうどいい休憩所です。




瀬戸大橋は、2階立ての構造になっており、
1階部分には、上下2車線の電車が走っています。
将来的に、新幹線を通せるよう、さらに2車線分(合計4車線)の幅員が確保してあり、四国新幹線と接続する計画がある由。
これだけ、巨額な財政赤字だと、もう無理でしょうけどね。

(本四備讃線の電車)


総事業費は、1兆1338億円なり。
巨額赤字の道路事業の象徴として、有名なプロジェクトですが、便利なことには間違いありません。



カメラの前で、ポーズを心得ているkoro隊長。



撮影に飽きたようです。



展望公園の方へ、行って見ました。



「ふむふむ、あれが○○島か!」



さて、眺めにも飽きたkoro隊長。
瀬戸大橋を前に、走りこみ練習です。



車中では、ずーっとハウスの中なので、走れるのは、うれぴい!



走りこみ練習の様子を、ちょこっと動画にて。



瀬戸大橋は、通行料が4,100円と、ちと高いのが、難点。

という訳で、さっと通り過ぎるだけでは、もったいない。
パーキングで、景色や散歩を堪能して、元を取らなきゃね。
今回、行かなかったけど、フィッシャーマンズワーフもありましたよ。

瀬戸大橋を渡ってから、約1時間半で高知に着きました。

今回も犬同宿可の旅館に泊まりましたので、こちらのレポは、また後日。

【koro隊長からのお願い】
アジリティーを卒業したら、お遍路さんになって、四国を旅行したいkoro隊長です。
下のバナーをクリックしてね!(ご利益があるかもよ)

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by お遍路koro)
posted by koropapa & koromama at 22:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 犬連れ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

続報・長州軍敗退する!

こちら、隣接するフライボールの会場。
初夏のようなピーカンの青空です。



一時は、フライボールもやろうかなと思いましたが、アジリティーに比べると、アトラクション的で、今ひとつ奥深さに欠けるような気がして、いまだに取り組んでおりません。
それに、隊長は、ぴこぴこボール以外は、あまり興味を示しませんしね(笑)。



昨日速報で、お伝えしましたように、koro隊長率いる長州軍は、AG戦では、不調に終わりました。
改めて、動画で振り返ってみませう。



カメラは見た!
ドッグウォークのタッチを抜かすずるをしたkoro隊長の姿を!

席次よりも、あくまで、クリーンランにこだわっているので、前半でミスを犯すと、ハンドラーの注意力が切れてしまうのも、チームkoroの課題の一つであります。

今回、終盤で、ドッグウォークの方へ行きかけたところは、当然、コマンドかクラッピングを利用して、注意を引き付けるべき箇所。
それを怠ったのは、ハンドラーの完全な注意散漫です。

この場面では、「拒絶」を取られ、呼び戻しに数秒のタイムロスが発生しています。
結果的には、リスキーなやり方ではなく、障害ミスを防ぐ堅実なハンドリングをしていた方が、良かったのかもしれません。
その方が、これまた結果論ながら、標準タイムの方もぎりぎりセーフか、仮にアウトだったとしても、席次的には、2〜3席の結果が見込まれたことになります。

これまで、クリーンランにこだわった競技の組立をしてきましたが、こういうケースにおいて、今後はどうすべきか、再考をせまる結果でありしました。

(あくまでのん気なkoro隊長・ピクニック気分です)


さて、コートを変えて行われたJP2の競技は、参加者から「何これ!?」という感想が聞こえてくる難コースでした。
右に左に、スイッチ(犬と人間の位置関係を変えること)を多用しなければならず、難易度的には、3度に近いコースに感じられました。
実は、これkoro隊長の先生が作成したコースだったんです。

検分中、参加者たちが、ぶつくさ文句を言うのを聞いて、なぜか申し訳ない気持ちになってしまいました。
うちの先生は、面白いコースや難コースを作るので、有名らしいです。



スタート直後のハードルの配置が、同時スタートでは、非常につらいシーケンスになっており、ハンドリングに頭を悩ませました。
テンション維持のために、チームkoroは、同時スタートを選択していますが、同時スタートでは、どうしても、攻略困難なシーケンスが、たまに出てきます。
スタート直後に、トラップが仕掛けられている場合などです。
今回は、その典型でした。

先生がジャッジを務めておられるので、いいところを見せなくてはと、やや緊張してスタートしましたが、いきなりの「拒絶」で、がっくり!

(禁断のとろころモードが出現!)


スタート直後の失敗で、集中力も途切れ、おまけにkoro隊長は、とろころモードになっていたため、ハンドラーもやる気を失い、凡ミスを繰り返してしまいました。
結局、失敗1回、拒絶2回、おまけに標準タイムオーバーという、AGよりさらに悪い結果に終わりました。
これほどの不出来は、競技会に出るようになって、初めてのことなので、ちょっと気合を入れ直さなければならないチームkoroです。

それでは、恥ずかしい動画をば。
スラロームを、えっちら、おっちら、通過するやる気のないkoro隊長の姿と、やる気のないハンドラーの悪い例として、ご覧下さい(T_T)



「あ〜、恥かしい!
おまけに、最後のバーも落とすし、ど〜なっとんだ君い!」(koropapa)
「まあ、こんなこともあら〜ね」と(koro隊長)

(一人晴れ晴れした顔のkoro隊長)


今年の前半戦では、昨年と同じく、AGで2回クリーンランできれば、良しとしましょう。

3日後、また競技会(福岡県芦屋町)なんですが、どうなることやら…。

【koro隊長からのお願い】


とろころモードのkoro隊長に、気合を入れていただくようお願いします。
下のバナーを、バシッとクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 一から出直しのチームkoro)
posted by koropapa & koromama at 20:08| Comment(9) | TrackBack(0) | アジリティー競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

(号外) 長州軍敗退する!

土佐の陣のいくさ(JKC ST連合会西日本アジティー競技会)は、健闘空しく長州軍の敗退に終わった。

全国より、つわものどもが集った高知県香南市・野市ふれあい広場において、南国の陽光が燦々と降り注ぐ中、文字通り、熱いいくさが繰り広げられた。

今日の敵方は、以下の通り、つわもの揃いであった。
花粉兵 … 大量の花粉を飛散させて、鼻水・くしゃみのガトリング攻撃。
催眠兵 … 眠くなる薬(花粉症の薬)により、集中力を低下させる攻撃。
暑熱兵 … 暑い陽射しにより、テンションを下げさせる攻撃。
旋回兵 … 右に左に何度も旋回させて、目を回させる攻撃。
時間兵 … いくさの時間を制限して、焦らせる攻撃。

それでは、koro隊長敗戦の弁を。
「あ〜、昨日は、おいしいの料理を堪能したんで、旅の目的は、達成したんじゃなかったかねえ〜。
河原で何やら、かけっこをしたが、暑かったし…」

koro隊長の属するスモールクラスは、アジリティー(AG)競技から始まった。
標準的な2リンク進行の場合、スモールクラスは、AG競技から始まることが多い。
チャンピオンポイントの獲得や上位クラスへの昇格は、AG競技の成績のみで決定されるため、もう一つの競技であるジャンピング(JP)は、どうしても消化試合の様相を、呈してしまう。

その点、ラージクラスは、タッチ障害のないジャンピング競技から始まることが多いため、JPで慣らし運転して、身体を解きほぐし、AG競技に臨めるという利点もある。
ただし、koro隊長の場合、持続力に欠けるため、一度ピークに持っていくと、次の競技では、テンションが、低下してしまうことがある。
特に、暑い気候の場合は、その傾向が強い。
だから、AG競技が先だから、不利だとは、一概には言えない。

さて、今回のAG2のコースは、全長180m、旋回スピード3.27m、標準タイム55秒の設定だった。
AG2の旋回スピードとしては、標準的なものだが、転回が多用された難コース(右回り→左回り→右回り→左回り→右回り)のため、タイム的には、きつくなると直感。
案の定、先行するペアには、標準タイムをオーバーする者が続出していたため、急遽、作戦を変更。
スピード狙いのハンドリングにし、タッチゾーンの制止は、最小限に留めることにした。
その分、タッチミスのリスクは高くなるが、タイムオーバーでは、クリーンランにならないため、あえて、リスキーなハンドリング方法を選択した。

この賭けが裏目に出て、コース前半のドッグウォークで、タッチミスを犯してしまう。
前半のミスで、ハンドラーの集中力が、やや切れてしまい、後半で、クリアすべきハードルの横を通過させる(拒絶)という、凡ミスを犯してしまった。

呼び戻しのタイムロスもあったため、結局、標準タイムにも間に合わず、失敗と拒絶がそれぞれ1回、おまけにタイム減点もついた平凡な結果に終わってしまった。
koro隊長の体感的な走りとしては、それほど遅いと感じなかったが、結果として、旋回スピードの記録も、今一つだったところを見ると、度重なる旋回によって、スピードを殺してしまうコース設計であったようだ(旋回スピードだけで見ると、隊長は5席だった)。

タッチゾーンで、しっかり制止しておけば、障害のミスは防げたかもしれないが、標準タイムオーバーの可能性が、高かっただろう。
自ら意図して選択した戦法だったとは言え、悔いの残る走行であった。
むしろ、標準タイムをオーバーしても、障害ミスを防いだ方が、次につながる満足感のある走りになっていたかもしれない。

koropapaのぼやき・野村監督風に)
標準タイム内に入れたのが、僅か1チームとはなあ…。
それも、ラスト1秒以内でのぎりぎりセーフだったし…。
これは、あんまりじゃないかね…。
ぶつぶつぶつ…。

という訳で、スモールクラスでは、クリーンランは、わずか1チームのみという厳しい結果に終わった。
ちなみに、チームkoroは、あれだけミスったが、席次としては8位だった(ちなみに表彰は、7席まで)。
見かけは、そうでもないのだが、結果から見ると、結構、難コースだったのかも知れない。

アジリティー競技会の場合、コースは毎回ぶっつけ本番なので、短時間の検分でハンドリング方法を、決定しなくてはならない。
さらには、koroのような鈍足犬の場合、標準タイムの設定のほか、犬のテンションやコンディションも勘案して、競技の組立を考えなくてはならない。
逆に、俊足犬の場合は、一瞬のコントロールミスによって、「失敗」や「拒絶」を、誘発させるので、これもまた、難しい技術を要する。

結局、どんな犬であろうが、いかなるレベルや段階であろうが、常に課題は立ちふさがってくるものだ。
そういう意味で、アジリティーは、とても、微妙で奥の深い競技であると、あらためて痛感した。

ああ、クリーンランよ、遠き道なり…。

しかし、あまり簡単にできてしまっては、達成の喜びも、少ないというものだ。
楽しみ(koroとの旅行とクリーンラン)は、まだ残しておいた方が、いいかも知れない(と思うことにしよう)。

koro一座のどさ回りの旅は、まだまだ続きそうです…。

今日は、疲れたので、写真や動画のアップは、明日また。

koro隊長からのお願い】


手強い敵兵に不覚を取ったkoro隊長に、慰めのポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by まだまだ修行が足りないkoro隊長)

posted by koropapa & koromama at 22:59| Comment(8) | TrackBack(0) | アジリティー競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

坂本竜馬に会いに行くよ!

koro隊長一行は、ただ今から、南国・土佐藩(高知県)に向けて出発です。

koro隊長は、飛行隊隊長として、幕末から長州藩とは縁の深い土佐藩に表敬訪問致します。
海援隊創設者・坂本竜馬殿や同隊長・中岡慎太郎殿との面会も予定されております。

ところで、土佐藩で行われるいくさ(アジリティー競技会)の士気を上げるため、新たに音楽隊のつわもの共が、召集されました。

(新しい音楽隊を前に、ご満悦の隊長)


実はこれ、隊長御用達のぴこぴこボールさん(何代目か不明)が、引退したので、その代役に抜擢されたんです。
以前の、ぴこぴこボールは、もうお店に置いてなかったので、動物の形をしたぴこぴこおもちゃを代わりに買い求めました。

(左から、ライオン君・パンダ君・ペンギン君の各兵)


隊長の目つきが、らんらんとして、いくさの士気が上がっています。



待ちきれない隊長は、フライングを犯します。
その様子は、こちら。



koro隊長が暴走するので、音楽兵は撤収され、明日のいくさまでは、対面禁止と相成りました。

さあて、準備万端?
「土佐藩に向けて進軍じゃ!」(koro隊長)
一行は、明日のいくさに備えて、前日から土佐入りする念の入れようです。
(実は、koro兄・koro姉(sisi)の卒業旅行を兼ねているのだ)

カーナビによると、所要時間は、6時間強と出ました。

隊長一行の本日の陣屋は、土佐藩自慢の料理を振舞ってくれる名旅館らしい。
「わしは、うまいもんしか食わんからな」(koro隊長)
全国の美味を食しているグルメのkoro隊長は、舌が肥えております。

しまなみ海道経由がいいか、瀬戸大橋経由がいいか分かりませんが、今回は、後者のルートで進軍します。

sisi隊員も、小学校の卒業式から、ただ今帰って参りました。
「仰げば〜、尊し〜」(sisiによりますと、この歌は、もう古いそうです)

それでは、いざ、出陣!

【koro隊長からのお願い】


土佐藩でのいくさがうまくいきますように、応援のポチッをお願いします。
下のバナーを、陣太鼓の要領で、ドンドンドンと叩いて(クリック)してね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 土佐進軍に向けて士気上がる隊長)
posted by koropapa & koromama at 12:33| Comment(8) | TrackBack(1) | 犬連れ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

koro隊長のアジリティー入門講座4

アジリティーのルール確認編、今日は「拒絶」についてです。

来週、競技会デビューされるDAC(ドッグランアジリティークラブ)隊員もおられますので、しっかり復習しておきましょうね。



「拒絶」を判定されると、ジャッジがグー(「失敗」はパー)の手を、上げます。
「拒絶」は、「失敗」と同じく、1回につき、5点減点を取られますが、「失敗」の判定と異なり、3回やると「失格」となってしまいますので、注意してください。

「失敗」と違い、「拒絶」は、犬がハンドラーの指示に従わない行為と見なされるため、より厳しく、3回で「失格」となってしまうのです。
しかし、実際には、ハンドラーの不適格な指示やハンドリングのまずさに起因することが多いので、犬を責めるより、まずはハンドリングの未熟さを、反省すべきでしょう。

それでは、「拒絶」の具体例を、復習しておきましょう。

@各障害の前やコース上で立ち止まった場合。
犬のテンションが低い場合やハンドラーの指示が悪い場合、犬がコース上で、立ち止まってしまうことがあります。
特に障害を前にして、躊躇して立ち止まると、「拒絶」を取られてしまいます。

Aコースから逸走したり、障害の横を通り抜けた場合。
各障害を正しくクリアしないで、横を通り過ぎた場合は、「拒絶」と判定されます。

Bタイヤ障害を正しく通らず、タイヤと外枠の間を通り過ぎた場合。
タイヤと外枠の間の空間を通り過ぎた場合も、「拒絶」と見なされます。
真横から見ると分かりづらいので、気付かない場合がありますが、そのまま、次の障害に行ってしまうと、「失格」となってしまいますので、注意する必要があります。



Cロング・ジャンプの上を歩いて渡ったり、側面に飛び出たり、また側面からジャンプした場合。
ロングジャンプは、四隅にガイドポールが立っていますので、正しい方向から入って、正しい方向へジャンプしないといけません。

Dトンネル内に、一度頭部や足を入れた後に、戻ってしまった場合。
いったん、トンネルに入ってから、再び入口に戻ってくるのはもちろんですが、鼻先を入れたあと、ためらって入らない場合も、「拒絶」を取られます。
ハード(チューブ)・トンネル、ソフト・トンネル共に、同じルールが適用されます。

Eウィービング・ポール(スラローム)で、入口を間違えた場合。
ウィービング・ポールは、右側の入口から入ります。
左側から入ると、「拒絶」と判定されます。



Fウィービング・ポールで、一歩でも進入した後に、戻ってきてしまった場合。
スラロームの通過途中でのミスは、「失敗」ですが、入口に関するミスは、「拒絶」と見なされます。

G進行方向と反対の方向からテーブルに上がった場合。
テーブルは、上がる方向が決まっています。

H犬が、テーブルの下を通過した場合。

IドッグウォークやAフレームにおいて、全ての足が下り斜面にかかる前に、跳び下りた場合。
上り斜面の途中で降りた場合は、「拒絶」と見なされます。
タッチゾーンに関するタッチミスは、「失敗」です。



Jシーソーの中央部分を越える前に、シーソーから跳び下りた場合。
中央部分の手前で、飛び降りると、「拒絶」。
中央部分を越えて、板が地面に着く前に、跳び下りると、「失敗」です。



ルールは分かっているようで、うろ覚えのことがあります。
確認することによって、ミスの防止策を再考することができますので、ときどきチェックしておきましょうね。

さて…

明後日の競技会を控え、チームkoroの課題などについて、koro隊長とミーティングをしました。

(打ち合わせ中の隊長)


チームkoroのミーティング結果を、おさらいしておきますと、

@Aフレームとドッグウォークの下り側タッチゾーンで、確実にタッチさせる。
ハンドラーの意識と気迫の問題。
ただし、旋回スピードと標準タイムの関係で、ブレーキのレベルを決定する。



Aスラロームの入口への進入ミスを防止する。
犬を押さない(近づきすぎない)こと。
ラインコントロール(先の障害を見越して、ベストの走行ラインを決定)に注意すること。

Bバーの落下を防止する。
フィニッシュで、引っ張り過ぎないこと。
不用意に犬を押さない。
適度な間合いの問題。



今回も練習不足だったけど、あとはメンタル・コントロールだね!
今夜から明日にかけて、koro隊長と意識のチューニングを行います(秘伝!?)。

【koro隊長からのお願い】


koro隊長が打ち合わせ事項を忘れないように(たいてい、一晩寝ると忘れる)、頭をポチッと撫でてね。
下のバナーをクリックしてちょ!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 常に忘れるkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | koro隊長のアジ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ケンレオさんからの手紙

YNC(山口ネットコーギーズ)の初オフ会で、ドッグダンスのデモをしていただいたケンレオさんから、心のこもったコメントをいただきました(3月15日の記事のコメント)。

先月急逝した恵ちゃんことやダンスのことなど、ケンレオさんの熱い想いが溢れる文章です。
数日前の記事のコメントなので、ご覧にならなかった方もいらっしゃると思い、こちらでご紹介させていただきます(写真は、当方で挿入させていただきました)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

koromama & koropapa様
YNCの皆様

九州から飛び入り参加させていただき、楽しい時間を過ごせた事、ありがとうございました。

まだ、愛娘 恵をなくして1ヶ月程で、なかなか立ち直れないお母さんです。
残されたケン・レオ・りら・まあさ と何とか楽しい事をして、この子達との時間を大切にしたい、と思っている時に、パラははさんから、山口オフ会へのお誘いをいただき、思い切って出かけていきました。

ダンスは本当にお恥ずかしく、特にケンとの「ラバーズ コンチュルト」は亡き恵に捧げる父親のケンと、飼い主だった私たちの即興ダンスでした。

(恵ちゃんの母と父で、心を合わせて…)


りらとの「ロコモーション」は5年間も踊っている曲です。即興でハウスを使おうと思ったのですが、最後の「車庫入れ・ハウス」が踊っている場所とハウスがあまりにも遠く、あわててハウスを捜して移動するという、滑稽な終わり方になってしまいました。
あのダンスも途中で振り付けを間違えてしまい、後半はほとんどアドリブでした。

(りらちゃんとのダンス)


私のいい加減なダンスでしたが、構成を決めて踊りこんでも、イヌがそのとおりにしてくれない事も多々あり、その時の雰囲気・ノリで踊る事が多くなってしまいました。

私は愛犬と楽しく踊れれば良い、と思っていますが、競技会などを目指す方は、もっと違った取り組み方も必要かもしれません。

イヌとのダンスはビディエンス(服従訓練)を、より楽しく格調高くした究極のドックスポーツだと思っています。犬とのbond【心の絆】の深さを確認できる最高の手段です。

(笑顔が素敵なケンレオさん)


私は幼稚園や老人ホームなどへのデモ演技にも行きます。
あたりまえの事ですが、子供やお年寄りなど人を襲わない、誰にでもフレンドリーな家庭犬である事が最低条件だと思います。(ダンスが上手でも、危険なイヌでは意味がありません。でも、上級者にはそういうイヌが多いような気がします)

(フレンドリーなケン君は、もうすぐ10歳)


今回、このような機会を与えてくださったコロ家の皆様、YNCの皆様に心より感謝申し上げます。
パラははさんとともに、ダンス人口が増える事を、願っています。私でもお役に立てることがあったら、いつでも声をかけてください。4匹のコーギーと小倉から出かけていきます。

(宴も終わり…)


本当に、思い出深い貴重な一日となりました。
ホームページで素敵に紹介していただいた事(私の気持ちを代弁して下さっているのにも感激!)嬉しかったです。
また、お会いできる日を楽しみにしております。
ありがとうございました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そのほか、パラははさんやフリスビーのデモをやっていただきました大分のレコパルさんからも、ご丁寧な私信をいただきました。

この場を借りまして、改めて、パラははさん、ケンレオさん、レコパルさん、並びに九州メンバーの皆さんに、お礼を申し上げます。

現在、ケンレオ(りらまま)さんは、北九州で病院経営(こちら)をされながら、4匹のコギさんたちとの生活やダンスの練習、幼稚園や老人ホームの慰問など、ご多忙を極めておられることと思いますが、ぜひまた、ドッグランにお越しいただいて、YNCやドッグラン会員の皆さんと、ダンス練習会などができたら、いいなと思います。

(YNC・FNC・ドッグラン会員さんが、いっしょに楽しめます)


ドッグダンスは、オビディエンス(服従訓練)が基礎になっていますので、既にオビに取り組まれている方は、比較的すんなりと、入っていけるのではないか思います。
オビを応用して、こんなに楽しく、より絆を深めていけるエンターテインメントがあるなんて、やらない手はありませんよね。

また、オビをやったことがない方やしつけの問題等で悩んでおられる方は、ドッグダンスに取り組む過程で、オビも深まっていきますので、問題解消の一助になるのではないかと思います。

さらに、海外では、事故にあった犬や病気の犬のリハビリとして、ドッグダンスに取り組む事例もあるそうですから、老齢犬や他のドッグスポーツが無理なワンコには、体にあまり負担をかけず、ちょうど良い運動になるのではないかと思います。

koro隊長も、そうそう長くアジリティーができる訳ではありませんので、後半の犬生では、ドッグダンスを、共に楽しもうかなと考えております。

と言っても、周囲に仲間がいないと、なかなか動機付けができないのも事実。
YNCやドッグラン会員の皆さんで、取り組んでみたい方がおられたら、お声をかけていただけると嬉しいです。

(koromama & koropapa)

【koro隊長からのお願い】


koro隊長は、これからも犬縁・コギ縁を大切にして、皆さんとの交流を深めていきたいと思います。
下のバナーをクリックして、応援してね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 縁結びの神様・koro大明神)
posted by koropapa & koromama at 19:20| Comment(7) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

ドッグラン日和

午前中は、カメさんたちを、カメランで遊ばせ、午後からkoro隊長は、ドッグランへ重役出勤です。
ここは、先週YNC(山口ネットコーギーズ)の初オフ会が開かれたところ。

今日は、暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い気候でした。
先週のオフ会が、こんな気候だったら良かったですね。

(撮影に余念のないsisi・お祈りを捧げているのではありません)


それにしても、1週間、オフ会ネタで引っ張ったためか、まだオフ会気分が抜けません。
コギさんの嵐が過ぎ去って、平和を取り戻したドッグラン(笑)で、まったり過ごすのも、またよし。

(柔らかな春光の中で、くつろぐタッチちゃん)


ここのドッグランが、いかにワンコたちにとって、くつろげる場であるかが、わかる光景ですね。

koro隊長も、いつも、ドッグランの1q手前あたりから、きゅいーん、きゅいーんと鳴き始めます。
よほど、ドッグランが好きらしいです。

到着すると、リードを思い切り引っ張って、ドッグランへ入ろうとしますが、

今日は、いきなり遊ばせずに、まず伏せをさせてみました。



誘惑が多く、遊びたくてたまらないところで、あえて伏せをさせる。
ちゃんと、お利口にできたら、ご褒美として、遊ばせるようにするためです。



誘惑の多い場所で、服従訓練をするのも、いいものです。
いろいろなシチュエーションを利用して、服従心を涵養しておくと、アジリティーにも役立ちます。

ドッグランでは、遊ばせっぱなしではなく、こうしてメリハリをつけるのが、いいと思いますよ。

【サイト・ハウンド】

今日は、新入りワンコさんが来られました。
イタリアン・グレーハウンドのアクセル君とセレナちゃんです。
古くはエジプト王室で飼われていたと言われ、中世にはイタリア王室で愛好された犬として有名です。

(左・アクセル君と右・セレナちゃん)


さっそく、会員ワンコの皆さんが、ご挨拶。
イタリアン・グレーハウンドは、やや臆病な性格とされていますが、問題なく溶け込みました。
ここのドッグランは、社会性豊かな会員ワンコたちの穏やかなオーラに包まれているため、新入りさんでも、すぐに打ち解けることが多いようです。
犬の社会性を養うには、もってこいの環境ですね。

(常連さんの熱い?歓迎)


もっと大きい犬かと思っていましたが、意外に小さい。
koro隊長と比較すると、こうです。

(気品のある姿勢)


とにかく、スリムで、足が細い。
ドッグレースで有名なだけあって、風のように走ります。
当ドッグランの会員ワンコには、他にもサルーキやウィペットなどのサイト・ハウンド(獲物を視覚によって発見し、高速追跡して捕獲する猟犬)と呼ばれる犬がいますが、いずれも俊足です。
彼らのような犬種の運動要求量を満たすには、これだけの広さが必要なのです。

(アクセル君・鞭のようにしなる走り)


koro隊長では、ぜんぜんかなわないスピードです。
う〜ん、うらやましい!
あのスピードを、ちょっとは分けて欲しいものです。

(セレナちゃん・愛嬌ある顔つきですね)


【DAC(ドッグランアジリティークラブ)アジ練】

来週日曜日(3月25日)は、DAC隊員のタッチパパさん&つばさ君ペアのアジリティー競技会デビューの日です。

今日は、koro隊長と二人で強化練習を行いました。



つばさ隊員の課題は、

@ハードルの下をくぐる。
Aパパさんの左側についたときが、うまくいかない。
B興奮すると、パパさんに絡んでくる(特に服の袖を噛もうとする)。
といったところ。



@の課題については、写真の通り、くぐり防止のバーを置いて練習しました。
次に、コース上の1台のハードルを選んで、下のバーをはずしてみましょう。
うまくいったら、1台ずつ正規のハードルを増やしていきます。
いっぺんに増やさないのがコツです。

Aの課題については、フェンスにハードルを密着させて設置し、左側位の練習をしてみます。

Bについては、早期に矯正する必要がありますね。

それと、フィニッシュのあとの褒めが足りない感じを受けました。
最初の頃は、ものすごく褒めておられて、いい感じでしたが、ある程度できるようになると、できて当たり前という感覚になって、あまり褒めなくなってきます。
これは、チームkoroとしても、自戒しているところです。

一方、koro隊長の今日の練習課題は、コース練習でのタッチ強化と角度をつけたスラロームの進入です。
練習は、毎回テーマを持って、望むといいですね。

まずは、コース練習の中でのタッチ強化ですが、これについては、おおむね良好。

しかし、本番では、なかなかこうはいきません。
とろころモードでなければ、余裕を持ってタッチさせるのですが、タイムに余裕がない場合は、どうしてもおざなりに(あえてそうしている部分がありますが)なってしまいます。
ここは、ハンドラーの意識次第でしょう。



角度をつけてのスラローム進入練習は、最初うまくいきませんでした。

@ハンドラーが犬を押し過ぎて、反対側の入口(左側)から進入する。
Aライン・コントロールがまずいため、2本目のドアから進入。

スラロームでのミスは、めったにない隊長ですが、今日はなぜか失敗が多かった。



そこで、徹底的に反復練習し、最後には何とかうまくいくようになりました。
以前、できていたことでも、ときどき強化しないと、できなくなることがあります。
競技会前に、もう一度、練習しておきたいところです。

【テンション調整用具】

競技前には、ほど良い状態に、テンションを調整しておく必要があります。
koro隊長のように、テンションが低めの犬は、おもちゃや引っ張りっこなどで、テンションを高めます。

隊長の場合は、ぴこぴこボールに反応が良いので、これでテンションを高めるようにしています。



このボールは、今日、ご臨終を迎えられた(鳴らなくなった)ので、買い換えなくてはなりません(笑)。


さあ、来週は、21日に高知県香南市で、25日には、福岡県芦屋町で、JKCの競技会があります。
koro隊長とつばさ隊員の両名、頑張ってくるであります。
応援よろしくね!

【koro隊長からのお願い】


来週のアジリティー競技会に向けて、激励のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by あまり暑くなりすぎないようにと願うkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | アジリティー(練習会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

YNC(福岡ネットコーギーズ山口支部)オフ会レポ6 〜総括とおまけ

う〜ん。
とうとう1週間、このネタでひっぱっちまったぜい!
それだけ、内容の濃いオフ会だったってことで、お許しを。

今回の集いを通して感じたこと。

【それぞれの絆】

犬がくれる大きな喜び、笑い、そして絆…。

いろんな家族のいろんな絆を、目にすることができた。



そして、犬との絆を深めるいろいろな道があるということ。

犬は、ただ、いっしょにいるだけでも、癒される存在である。
だが、犬は人と共同作業するとき、もっとも生き生きと輝く。
一万年以上前、犬の祖先が、人と共にきることを選択したときから、それは、彼らのDNAに刻み込まれている。

彼らは、共に野を駆け、川を泳ぎ、獲物を狩り、そして、様々な仕事の手伝いをした。
どんな時代にも、彼らは人の側にいた。

そして、現代…。
絆を、フリスビーで表現する人あり、アジリティーで表現する人あり、そして、ダンスで表現する人がある。
なんであれ、絆をより強く確かめ合う、いろんな方法を持つ我々は、幸せである。




【見つめていたい】

多くの人が思っている以上に、犬は常に飼い主のことを見つめている。
よそ様のワンちゃんを見ていて、そのことに気付いた。

「ママ(パパ)、僕、どうだった?」
「出来たよ、私!」


そうやって、犬たちは、いつも私たちのことを見つめている。
だから、アイコンタクトは、絆の基本であり、たどり着く先でもあると感じた。




【犬縁(いぬえん)】

犬がもたらしてくれる大きな贈り物。
その一つが犬縁である。
犬を通しての、様々な出会いや縁(えにし)。

例えば…

自分の犬を、思いっきり、遊ばせてやりたいという思いが高じて、3,000坪のドッグランを作ってしまった方がいる。
そこに、大勢の犬を愛する人々が集まり、数々の出会いが生まれている。

そして…。

ネットを通じて、あるいは、アジリティー、フリスビー、ダンスを通して…
数え切れない縁が、次々に生まている。

もし、犬との出会いがなかったとしたら、どんな人生になっていたでしょうか?

神様の贈り物である犬たちは、これからも、私たちに、大きな感動、喜び、彩り、笑い、えにしを、そして、お別れのときには、深い哀しみ(それは人に優しさをもたらす)と大いなる感謝の念を、与えてくれることでしょう。

おっ〜と、また語っちまったぜい!(koro隊長)

まじめな話は、こんくらいにして…

今度は、壁新聞風にいきましょう。

【コギ軍団襲来!】

こちら、いつもの平和なドッグラン。
会員さんたちが、思い思いにワンコとの時間を楽しんでいます。

(母ちゃんと会話するおとめちゃん)


妹のひとみちゃん。
和服調のおべべが可愛い。



そこへ

平和なドッグランを乱す、何やら不穏な空気が…。

しゃかしゃかしゃか…。

このせわしない足音は?



おとめちゃんたちを、牛と勘違いして、追い立てなければいいんだけど…。

でも、



心配無用でした。
ドッグランの会員ワンちゃんとも仲良く打ち解けるコギさんたちです。


【ボール遊び】

同じボール遊びでも、
男の子は…



一方、女の子は…。



随分、違いますね。

こちら、隊長御用達のぴこぴこボールを、羨ましそうに見る杏ちゃん。




【シンクロナイズド立姿】

こちら、兄弟のケン君・レオ君と母娘のりらちゃん・まあちゃん。
それぞれ、同じ方向を向いてます。




【マーキング王】

こちら、マーキング王のkoro隊長。

北海道から、関東、関西、四国、九州まで、全国各地にマーキング中。
来週は、高知県にマーキング予定。
これにて、四国四県制覇です!




【箱入り娘と息子】

犬用ベビーカーが登場!
いい時代になったもんですね。

(専用カーでくつろぐホタル嬢)


これに対抗するは、箱入り息子。
ひとみちゃんのカートをお借りした時の写真です。

(出ました隊長ウィンク



【チャームポイント】

人(犬)それぞれ、チャームポイントがありますよね。
こちら、美人コギさんのアリスちゃん。
頭の上のスポットがとってもチャーミング。




【コーギースマイル】

コギさんの魅力の一つは、あの笑顔ですね。

(穏やかな笑顔のレオ君)


コーギースマイルでは、負けないkoro隊長。
何千枚も写真を撮られているので、ポーズをすっかり心得ております。
(ちなみに、隊長の写真は、実の子の写真より桁違いに多いのだ)




【おねむの時間】

ボール遊びに、アジリティーに、ダンスにと、会費の元を取ったはなこちゃんは…。



よく遊びんだ子は、目がとろ〜んとしてきました。



こちら、YNC副部長・姉御のラブちん。
大きな声で、発声練習をされていました。

(ドッグラン使用前)


パワフルな姉御も、3,000坪のドッグランで、大はしゃぎして、さすがに疲れたのか…
帰り際には、とっても、大人しくなっていました。

(ドッグラン使用後)



【おいでませ山口観光】

オフ会が終わって、九州組の人と、山口市内をプチ観光。
ここが、有名な瑠璃光寺(るりこうじ)の五重塔でございま〜す(koro観光部長)。



西の京山口を代表する観光スポットで、ちなみに五重塔は国宝なのだ。
瑠璃光寺は、koro家も何十年?ぶり。
地元にいると、なかなか見に行かないもんでして。



薬師如来様のありがたい真言に、koro隊長の名が…。
そういえば、うちの亡き祖母が、昔この真言を唱えていたなあ。
ころころというところが、妙に耳に残っています。



その昔、山口を統治した大内氏第九代当主・大内弘世氏の銅像。



九州組ご一行様は、このあと、湯田温泉につかり、お食事をしたあと、何とか日付が変わる前には、ご帰還された由。
めでたし、めでたし。

ちなみに、白狐伝説のある田温泉は、短足狐(コギのこと)飼いならば、ぜひ入るべきでしょう。

次回も、温泉・観光とセットのオフ会は、いかが?

【koro隊長からのお願い】


オフ会幹事役として、ブログレポを終了したkoro隊長に慰労のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by YNC隊長koro)
posted by koropapa & koromama at 23:40| Comment(6) | TrackBack(1) | YNC(山口ネットコーギーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

YNC(福岡ネットコーギーズ山口支部)オフ会レポ5 〜ドッグダンス編

オフ会もいよいよクライマックス。
皆さんお待ちかねのドッグダンスのデモが、ケンレオさんによって行われました。

演ずるパートナーは、もうすぐ10歳のケン君です。

スタート前のアイコンタクト。
二人の絆を確認し合います。



音楽に合わせて、両足の間を歩きます。



8の字股くぐりを応用。



前回り後ろ回りと、自由自在に踊ります。



歩調を合わせて、後ろに横に…。



常に見つめ合う二人…。



フィニッシュ!



こうして見ると、いつも二人が見つめ合っているのが分かります。

アジリティーは、絆のスポーツだと、koro隊長は言いましたが、ドッグダンスも愛犬との絆を深めることのできる素晴らしいエンターテインメントですね。
人間のみのダンスも楽しいけど、それが愛犬とできるなんて…。
わんだふるだと思いませんか?

さて、ダンスの動画を見ていただきましょう。



拍手喝采のギャラリー。
オフ会参加者も、ドッグラン会員さんも、ワンちゃんまでもが、エールを送ります。



驚いたことに、これは即興のダンスなんですって!
つい一ヶ月前に2歳7ヶ月の若さで急逝した恵ちゃんに捧げるつもりで、ケンレオさんは踊られたとのこと。
亡き娘に捧げる鎮魂のダンス。
感動的でしたね!

健闘を称え合う二人…。



それにしても、お二人は、何て若々しいんでしょう。
ケン君は、生前のパラちゃんとペアダンスもやったそうです。

そう言えば、パラちゃんのダンス動画(こちら)は、10歳〜12歳のものでしたね。
ドッグダンスは、老齢期のワンコにも負担をかけずに楽しめるという点でも、素晴らしいものです。

それでは、ダンスの基本動作について、ケンレオさんの解説を、ご覧いただきましょう。



続いて、部班と呼ばれる基本練習に、みんなで参加しました。
アイコンタクトを取りながら、音楽に乗って、愛犬と楽しく行進します。
難しいことを考えずに、ただ楽しめばいいんです。
やっているうちに、知らず知らずのうちに、愛犬との絆を深められます。
ワンコたちは、パートナーの顔を、常に見ているのが分かりますね。



オフ会参加者に混じって、ドッグラン会員さんも、いっしょに楽しみました。



では、部班の様子を、動画でご覧いただきましょう。





ケンレオさんに、衣装を変えて、ダンスのデモを、もう一本やっていただきました。



ハウスを使ったコミカルな演技に、ギャラリーも大受けです。



どうです、皆さん。
ドッグダンスって、素晴らしいでしょう?

人との共同作業は、犬のDNAに組み込まれた本能ですからね。
アジリティーもよし、ディスクもよし、そしてダンスもね。

しかし、同じ共同作業でも、ドッグダンスは、洗練されています。
エンターテインメントとして、見ていても楽しいし、やってみると、なお楽しそうです。
「とにかく楽しむこと、それがダンスの精神だとお見受けしました」(koro隊長談)

短い犬生です。
あなたも、パートナーとの素敵な思い出を作ってみませんか?

YNCで、ドッグランで、これからダンスの練習も、できるといいですね!

Shall we dance?



まだまだ、オフ会の余韻を楽しむkoro隊長。
明日は、おまけ映像の蔵出しだよ!

【koro隊長からのお願い】


ケンレオさんとケン君の素晴らしいダンスに、そして企画して下さったパラ母さんに、感謝のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by ダンサー見習いのkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 20:21| Comment(8) | TrackBack(0) | YNC(山口ネットコーギーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

YNC(福岡ネットコーギーズ山口支部)オフ会レポ4 〜アジリティー編

オフ会レポ、今日は、いよいよkoro隊長による、アジリティーのデモと体験会だよ!

オフ会参加者に、DR会員さんまで注目のなか、緊張気味のチームkoro。
幸いなことに、koro隊長は、寒い気候の方が、調子がいいんです。
先週の競技会と、反対だったらよかったのにね。

(珍しくやる気をみせるkoro隊長)


心配されたとろころモードは出ず、隊長にしては、まずまずの走りです。



飛行隊長らしいジャンプ。
バーの落下もありませんでした。



スラロームも、まずまずの通過スピード。



動画も見ていただきましょう。



即席で作ったコースでしたが、何とかノーミスで完走できました。
皆さんから拍手をいただきましたkoro隊長。
とろころモードが出なかったので、恥をかかずに済みました。


(はなこちゃんのコメントは、koro隊長の希望的想像です)

koro隊長のデモが終わり、そのあと、体験会が行われました。

こちら、九州組・ダンスを頑張る杏ちゃんとななぽんさんの走り。



ドッグラン会員、DAC(ドッグランアジリティークラブ)隊員のタッチパパさんとつばさ君のコンビは、3月25日の芦屋の競技会デビューが決まっています。



コッカーのホタルちゃんも、運動能力の高いところを見せました。
今度の競技会には、出られるんでしょうか?



さてさて、こうなると、YNC山口組も負けてはおれませんぞ!

こちら、競技会デビューを目指す夢隊員。



夢隊員とエン君以外は、ほとんど初体験のはず。


しかあ〜し!


皆さん、いろいろな障害にチャレンジして、短時間でクリアする隊員が続出!
これには、隊長もびっくらこいた!

まずは、ミニコギのはなこちゃん
文科系と聞いていましたが、何の何のすごい潜在能力をお持ち。



ドッグウォーク(はなこ家名称・橋渡り)もこの通り!



koro隊長の特別指導こちら)で、早くもドッグウォークをマスター。
しかも、難関のシーソーまでやってしまったとは、これまたびっくり!

「はなこ嬢は、かなりの逸材だとお見受けいたす!(美人だしね)」
とkoro隊長談。


さてさて、副部長のラブちんはというと、こちらもトンネルをさっそくマスター。



浮き浮きした表情で、トンネルを出る姉御。



「う〜ん、こちらも度胸の据わった姉御じゃ!」(koro隊長談)
ラブちんの体験記は、こちら

続いて、ドッグラン会員のエン君
美男子のエン君は、以前に少しアジリティーを、たしなんだことがある由。
後ろから、ユキちゃんが着いて来ました。



初参加のユキちゃんも、この通り。



う〜ん、山口組は、ドッグウォークを全員マスターしたのでは?
何と優秀なのじゃ!
こりゃ、アジリティー練習会を、特別にやらねばなりませんな!(koro隊長)

ユキちゃんは、トンネルにもチャレンジ!



エン君とユキちゃんの連続クリア!



う〜ん、YNCの隊員諸君は、ホントにみんな初心者かいな?
わずか20〜30分で、こんなにできるようになったのは、あまり見たことないぞ!

そう言えば、レコパルさんが、みうちゃん(母コギさん)のやるのを見ていて、Peaceちゃん(娘コギさん)もやるようになったと言われていましたが、今回のアジリティーでも、他のコギさんがやるなら、私もって感じで、グループ練習の効果が出たのかな?

やる気のある隊員さんがいたら、koro隊長が特別指導するとのことです。
これからも、頑張りましょうね!

明日は、いよいよ感動のドッグダンス編だよ!
お楽しみに〜♪

【追伸】
DR会員のハイパー黒ラブ・おとめちゃんと母ちゃんも、この日初めてアジ練したんですが、これまたびっくり!
ハードルをノーリードで、ぴょんぴょん跳んでいるじゃありませんか。
彼女も、絶対、素質ありますよ!
後は、母ちゃん次第ですね。

【koro隊長からのお願い】


寒い中、頑張ったkoro隊長に、慰労のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてね!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by とろころモードにならずに済んだkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:45| Comment(14) | TrackBack(1) | YNC(山口ネットコーギーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

YNC(福岡ネットコーギーズ山口支部)オフ会レポ3 〜フリスビー編

昨日、紹介しきれなかった方々に、ご登場していただきましょう。

こちら、アメリカン・コッカー・4歳の女の子のホタルちゃん
レノン星さんの愛娘です。
久留米市からお見えになりました。



北九州からお越しのアルゴ君ご一家。
6歳の男の子です。



こちら、北九州からお越しのななぽんさんちのランランちゃん
12歳のラブラドールの女の子です。



ところで、ドッグランの会員さんには、13歳のゴールデン・アズちゃんがいます。

(ドッグランのアイドル犬・表情穏やかです)


ドッグランへ通い始めてから、元気はつらつになって、老後?をエンジョイしています。
森に囲まれたドッグランでは、空気も美味しく森林浴も出来て、ワンコたちも健康になるようです。
おまけに、この広さ!
そして、大勢のフレンドリーな会員ワンちゃんのおかげで、犬も人も元気になれます。
九州組のワンちゃん、うらやましかでしょう?
また、おいでませ〜♪


こちら、山口組。
ラブちんのお達、1歳の女の子のユキちゃんです。
やや緊張気味なのか、耳が倒れています。



2歳の男の子・えん君は、県内の山陽小野田市から飛び入り参加。



初めてお会いしたドッグランの会員さんです。
(ここの会員ワンちゃんは、150匹以上おられるため、いまだにお会いしたことのない方もいるんです)

さてさて、11時開始のオフ会レポ、2日経っても、まだお昼になりません(笑)。
しばらく、広大なドッグランに放牧されていた牛追い犬たちは、BBQタイムのため、捕獲と相成りました(笑)。

BBQは、ドッグラン備え付けのドラム缶式大型コンロを2基借用。
気温が寒かったので、ちょうどいいストーブ代わりになりました。

そして、各自自慢の食材を持ち寄り、ワイワイガヤガヤと…。
健康志向のパラ母さんは、玄米おにぎりを持ってこられていました。

この大型コンロは火力が強く、油断すると、あっという間に、食材は、原型を留めないほど、炭化してしまいます。
発ガン物質をものとせず、焦げたままの食材を平らげる面々(笑)。



BBQの途中で、はなこちゃんご一家が合流。
初心者コーナーで慣らし運転していたはなこちゃんへ、先に遊んでいたえん君が、さっそくアタックしていたようですね。
男女関係も、積極的なコギさんでした(笑)。



午後からは、オフ会のメーンイベント第一弾のフリスビーの実演が行われました。

模範演技をしてくれるのは、遠路はるばる大分より、連結式のすごい戦車を駆って進軍されたレコパルさんと母娘コンビのみうちゃん&Peaceちゃんです。

(すごい戦車)


(解説されるレコパルさん)


レコパルさんご一家は、運動要求量の多いコギさんの運動不足を解消するめ、フリスビーを始められたとのこと。
最初は、引っ張りっこから始め、ものを投げて持ってこさせる遊びなどをして、じょじょにキャッチするようになられたそうです。

完成形を見ると、あんなすごいこと、うちの子には無理だわ、と思いがちですが、少しずつ楽しみながら取り組んでいけば、いつの間にかできるようになってくるんですね。
要は、諦めないことです。
koro隊長のアジリティーもそうでしたから。

母コギ・みうちゃんの模範演技。



コギさんは、フリスビーをひょこひょこと持って帰るところが、ユーモラスなんです。



こちら、母親から才能を受け継いだ天才フリスビー犬Peaceちゃん
みうちゃんがやっているのを見ていて、やりだしたそうです。



見事なジャンピングキャッチ。



やはり、血は争えませんね



母と娘が、交互にキャッチします。
ダブル演技は、見ごたえがありますね。



それでは、動画をちょこっと見ていただきましょう。



Peaceちゃんの見事なジャンピングキャッチ!



さて、母娘コンビの見事なフリスビー演技を堪能したところで、いよいよkoro隊長によるアジリティーの模範演技が始まります。



ですが、放送終了の時間が来てしまいましたので、こちらの様子はまた明日(笑)。
まだまだ続くよ、オフ会レポート…。

【koro隊長からのお願い】


みうちゃん、Peaceちゃんの見事な演技に、拍手のポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてちょ!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 空飛ぶ円にお口あんぐりのkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 17:45| Comment(2) | TrackBack(1) | YNC(山口ネットコーギーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

YNC(福岡ネットコーギーズ山口支部)オフ会レポ2

今日の隊長です。



YNC(山口ネットコーギーズ)のキックオフも無事に終わり、隊長はお疲れの様子。

今日から、オフ会の詳細をお届けするレポの始まりだよ。
何せ、BBQ大会にフリスビーにアジリティーにドッグダンスと、てんこ盛りの内容だったため、シリーズ化せにゃならんこってす。

こちら、FNC管理人さんのパラ母さんと天国より参加のパラちゃん
パラ母さんの呼びかけで、大勢の九州コギさんが集まってくれました。



3,000坪のドッグランを体験してもらう前に、小さく囲った初心者コーナーに、コギさんたちが集合しました。
これだけでも、ちょっとしたドッグランですね。



コギさんたちは、フレンドリーで礼儀正しいため、あちこちで挨拶を交わします。
ガウガウ大会になったらどうしようと、心配するむきもありましたが、おおむね、相性はいいようで、まずは第一関門突破!

初心者コーナーでは、コギ密度が高くなり、これはこれで楽しい場面です。
手前のワンちゃんは、コッカーに見えるけど、気分はコギさんのホタルちゃんです。



初心者コーナーの様子を、ちょこっと、動画でお見せしましょう。



さて、コギさんたち、慣れたところで、広大なる3,000坪のドッグランへ一斉放牧(笑)。
あちこちで、ハイパーコギさんたちの爆走が始まります。
短足のくせに、ちょこまかとせわしない!
こちらが、ちょびっとその様子。



さて、ご参加のコギさんたちを、紹介していきましょう。

こちら、北九州からご参加のケンレオさんちのコギさんたちです。

レオ君9歳、りらちゃん6歳、まあさちゃん2歳、ケン君9歳)


とっても、お利口に並んでくれた4コギさん(ケン君とレオ君は兄弟、りらちゃんとまあさちゃんは、母娘です)。
でも、つい先月までは、5コギさんだったんですこちら・りらママの恵ケアプランセンターの頁をご覧下さい)。
ケン君の娘さんの恵ちゃんが、2歳7ヶ月で、突然、虹の橋を渡ってしまったのです。
まだ悲しみも癒えないママさんですが、気丈に振る舞い、ダンスのデモと指導をしてくださいました。
おかげさまで、YNCキックオフに、花を添えていただき、感謝感謝です。

恵ちゃんに捧げる鎮魂のダンス。
感動編は、このシリーズ最終回でお届けします。

こちらも、北九州からご参加の3コギさん。
たけぱさんご一家です。

(綾姫君3歳、みいぽん君1歳、たけわんちゃん9歳)


名前の付け方がユニークですね。
お利口に整列してくれました。

こちらも、北九州からご参加のななぽんさんちの杏ちゃん



ダンス練習中の2歳の女の子です。
12歳のラブラドールのランランちゃんといっしょに来てくれました。

お次は、遠路はるばる大分から遠征のみうちゃんPeaceちゃん
見事なシンクロ立姿は、さすが母娘。

(左Peaceちゃんと右みうちゃん)


パパさんのレコパルさんとフリスビーのデモを、ご披露していただきました。
フリスビー編の放送は、明日の予定です。
ただ今、編集中につき、少々お待ちください(笑)。

さてさて、お迎えする山口組は…



YNC副部長、5歳の女の子のラブちんです。
koro隊長の親戚犬で、姉御肌のコギさん。
ドッグランでは、元気に歌ってましたね(笑)。
ラブちんのブログはこちら

そして、こちらは、ドッグラン会員の夢ちゃん



2歳の女の子で、隊長のガールフレンドです。
アジリティーの競技会デビューが近い有望株ですね。

その夢ちゃんが探していた隊長は…。



ドッグラン初公開!隊長正装用の首輪をつけての登場です。

続いて、可愛いギャルのアリスちゃん
もうすぐ1歳の女の子です。



こちらも、ドッグランの会員さん。
アジリティー、頑張りましょうね!

そして、YNC文化部・2歳のはなこちゃん
トライの美人コギさんです。



ママさんとのペアルックで登場!
とってもおしゃれなママさんとはなこちゃんでした。
YNCのアート部所属で、ラブ副部長からYNC会員証を作るようにとの指令が出ているみたいです。
楽しいブログは、こちら

おっーと、BBQの話まで行かないうちに、時間が来てしまいました。
今日、出演しなかった方々も、明日以降に出演していただきますからね。
何せ、YNC報道部の撮った写真は、800枚近いため、編集部は大変です。

予告・明日は、フリスビー編で〜す(koroアナより)。

【koro隊長からのお願い】


今日も疲れが残る隊長に、マッサージのポチッをお願いします。
下のバナーをクリックしてやってくださいまし。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 爆睡大佐のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 21:59| Comment(4) | TrackBack(2) | YNC(山口ネットコーギーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。