プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2007年08月31日

ニュー隊長ごはん 〜起こるべくして起こっている!

ニュー隊長ごはん48

生食25日目(8月29日)の朝ごはんです。






(レシピ)
馬肉 125g
オクラ
ブロッコリー
人参
味噌
ケルプ+アルファルファ
アマニ油 小さじ1杯

愛情サプリ



どうして、こんなにもアレルギーや慢性疾患に悩むワンコが多いんだろう。

飼い主さんの心痛もいかばかりかと、お察しする。

だが…。

ペット産業(ブリーディング、生体販売、フード、医療)全体に渡る、構造的問題が潜んでいることに、そろそろ気付いてはどうだろうか?

残念ながら、こう言わざるを得ない。



起こるべくして、起こっている!



ブリーディングの問題は、近年、話題にされているが、それだけではない。

早すぎる離乳時期。

離乳期や成長期に与えるフードの問題(経口寛容の発達阻害)。

生体販売のシステム(ペットショップ等)によるストレス。

過剰ワクチンの摂取(多種混合ワクチンの毎年投与)による免疫系のかく乱。

同じ理由で危惧される、スポットタイプのノミダニ予防薬。

アレルギーに処方される抗生物質やステロイド剤に潜む矛盾。


不要な検査や治療、そして薬の過剰投与。

フードがかかえる宿命的欠陥。

ダイエット食や療法食に潜む問題点。

などなど、枚挙にいとまがない。

動物たちの免疫系を乱す、さまざな複合要因が、アレルギーや慢性疾患を生み出し、それを種々の薬剤や療法食なるもので、治そうとする。

これが、いたちごっこだということに気付いていない。

その構造から抜け出ない限り、問題は解決しないと言うのに…。

昔の犬たちに、アレルギーや慢性疾患の患者が、こんなにいただろうか?

フードは、果たして完全栄養食であろうか?

ワクチン、フィラリア薬、ノミダニ薬、抗生物質など、ペット医療は、格段の進歩を遂げたはずではなかったか?

病気を作り出しておいて、それを治療しようとする手段が、さらに症状を悪化させる、悪循環…。

さて、こうした主張は、隊長家のような素人のたわごとではない。

れっきとした獣医師が、主張しているのである。

まだまだ、少数派であるが、ペット産業(医療)の矛盾を指摘し始めた、心ある獣医師さんが出てきている。

今日もそういう獣医師さんを、また一人見つけた。


最近、読んだ、ある獣医師さんの本の目次から…。


消毒すると傷の治りが悪くなる。

症状を薬で抑えてはいけない。

早期発見・早期治療をしてはいけない。

知っていますか?定期検診の危険性。

抗生物質が救った命と奪った命。

病院では最善の治療をしてくれるか?

医療界の販売促進活動に惑わされてはいけない。



ペット医療の常識へのアンチテーゼは、一見目を疑うものであったが、読むと目からウロコが落ちた。

今まで、うすうす感じていたことが、ズバリ直言されている。


機会があれば、紹介していきたい。







ニュー隊長ごはん49

生食25日目の晩ごはんです。






(レシピ)
ターキーモモ肉 100g
カッテージチーズ 20g
ブロッコリー
人参
味噌
パセリ
ローズヒップ
アマニ油 小さじ1杯

愛情サプリ


ブロッコリーと人参は、みじん切りして、味噌炒めにしました。

アマニ油には、リグナンという強力な抗酸化物が含まれており、細胞のガン化を防ぐ働きがあります。

さらに、抗ガン作用を持つ、オメガ3のリノレン酸を含んでいますので、ガンを抱えた個体には、特に重要になる栄養素です。

ところが、リノレン酸は、熱や加工に対して、非常に弱い性質を持っています。

最近では、フードにオメガ3を添加したものも登場していますが、もともと変性しやすい栄養素であるため、加工や保存過程で酸化して、逆に危険な発ガン性物質に変化している可能性があります。

ここでも、生食に軍配があがるわけです。









※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)
        「アレルギーと皮膚疾患」(同上)
        「ガン/腫瘍」(同上)
        「動物力」(永田高司獣医師)



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、犬ブログのランキングに参加中です!
下のバナーを、ポチッとクリックして、隊長への応援お願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 抗酸化マンのkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 19:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

ニュー隊長ごはん 〜酵素のお話

隊長用食材の買出し品です。

ブロッコリー、鶏レバー、たれくちいわし、アマニ油、カッテージチーズ。






食材をチェックする隊長。

監視官がついているため、魚は隊長の口の中へ、飛び跳ねてくれませんでした。






ニュー隊長ごはん46


生食24日目(8月28日)の朝ごはんです。






(レシピ)
鶏レバー+心臓 80g
納豆1パック 40g
カイワレ大根
サニーレタス
けずりぶし
ケルプ+アルファルファ
紅花油

愛情サプリ



なぜ、隊長食に生食を採用しているか…その答えの一つが酵素の存在にあります。

酵素には、食物に含まれる食物酵素のほか、新陳代謝や有害物質の除去、自然治癒力や免疫力などに関与する代謝酵素、消化の働きに関係する消化酵素などがありますが、今、注目を集めている物質なのです。

体内で作られる代謝酵素と消化酵素を、体内酵素と言います。

酵素は、あらゆる体内活動に関与し、酵素なくして生命活動なしと言われるくらいなのです。

動物の体内では、すい臓などで消化酵素や代謝酵素が作られますが、完全ではないことがわかっています。

という訳で、食物から酵素を効果的に取り入れることが、重要になってくるのですが、酵素の特徴として、とても熱に弱いことが指摘されています。

つまり、加熱された食事やフードには、酵素は含まれないことになります。

さらに、一個体が、体内で生産できる酵素の量は決まっていると言われています。

生の食材から食物酵素を積極的に取り入れると、体内では消化酵素をあまり生産する必要がなくなり、その分、重要な代謝酵素の生産に力を入れることができるようになります。

アメリカのポッテンガー博士による猫の飼育実験では、加熱食のみを与えた猫は、3世代目には、免疫系がほとんど機能しないほど衰えてしまいました。

ラットやマウスによる別の実験でも、加熱食のみの食事がすい臓に負担をかけ、すい臓の腫大や白血球増加症を招くことが確かめられています。

加熱調理したものを食べるようになったのは、生物の長い歴史の中で、ごく最近の人類だけだということを思い出してください。

人間も動物も加熱食(加工食)ばかり食べていると、酵素不足に陥り、結果的に健康状態や寿命に差が出てくるというわけです。

その点、納豆、豆腐、味噌、漬物、刺身など、伝統的な和食は、最高の酵素含有食品と言えます。

日本を始め、長寿の国には、発酵食品など酵素を豊富に含んだ伝統食品が数多く存在するのも事実です。


隊長食に用いられる食材は、生肉、生骨、生卵、大根、カブ、スプラウツ、リンゴ、バナナ、パイナップル、蜂蜜、発酵食品、オメガ3の豊富な植物油など、食物(消化)酵素がたくさん含まれています。

どうしても、加工食(フード)にこだわる場合は、サプリメントで補給してやる必要があるでしょう。


さて、この日の隊長食を見てください。

生肉(内臓)に納豆、カイワレ大根など、酵素たっぷりの健康食になっていることが、おわかりでしょう。






ニュー隊長ごはん47

生食24日目の晩ごはんです。






(レシピ)
鶏レバー 120g
カイワレ大根
ニンジン
ブロッコリー
生姜
ローズヒップ
アマニ油

愛情サプリ



この日は、内臓の日でした。

晩ごはんでは、日向鶏のレバーを使用。

隊長の肝臓強化のため、グランデュラーセラピーとして、レバーをよく使用しています。

茹でたニンジンとブロッコリーで、抗酸化物をたっぷり摂取。

緑黄色野菜は、運動後の活性酸素の中和やアンチエイジング対策のためにも、しっかり取っておくとよい食材です。


今日からアマニ油の登場です。

アマニ油に多く含まれる、オメガ3脂肪酸のリノレン酸は、ガンやアレルギーを持つ個体には、必須の栄養素だと言われています。









※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)
        「アレルギーと皮膚疾患」(同上)
        「ガン/腫瘍」(同上)



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、犬ブログランキングに参加中です。
下のバナーを、ポチリとクリックしてくださると、嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 酵素マンのkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 22:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

koro隊長のアジリティー談義 〜アジリティーランキング・ただ今何位?

ドッグスポーツの専門誌である、ドッグスポーツジャーナル誌が、発表しているアジリティーランキングがあります。

JKCの公式アジリティー競技会の成績(大会規模、順位、旋回スピードなど)を元に、全国ランキングを算出しているものです。

koro隊長の昨年の最終順位は、21位(2度スモール総合部門)でした。

ところが、クリーンランを連発した昨年と違って、今年は、まだクリーンランが1回も出ておらず、チーム隊長の調子は、決してよくありません。

なのに…。

9月号での集計では、17位になっていました。

地区別に見ますと、山口県では1位、中国地方(中国五県)では2位、関西以西の西日本では6位、そして、犬種別(コーギー)では、全国5位でした。





とまあ、昨年よりいいみたいですが、これはあくまで瞬間値。

5月の四国ブロック競技会までの集計ですが、今年は昨年ほど、競技会に出ていませんし、現在、団子レースの状態なので、最終的に、30位以内に留まることは、困難だろうと思います。

夏の夜の束の間の夢ということで、このお話は、今日のビールの魚になりました。


ところで、隊長のことより、ちょっと自慢したいのが、うちのスクールの先輩方なんです。

ボーダーコリーの多頭飼いで、今は代替わり中なんですが、激戦の1度ラージで全国1位と4位なんですよ。

特にMさんのビーチちゃんは、デビュー後、あっという間に2度に上がり、この夏、北海道まで遠征して優勝したりと、目覚しい活躍をしておられます。


さて、9月30日を皮切りに、隊長の全国ロードが始まります。

アジリティーチャンピオンを完成してしまってから、ややモチベーションが低いので、旅行が主目的となるでしょうけどね…。

成績はともあれ、楽しい隊長との旅を楽しむつもりです。



(07年4月 熊本大会・チャコタママさん撮影)




隊長のごはんブログは、ただ今編集中!
今日は、ためになるお話?



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、ブログランキングのかけっこに参加中です!
下のバナーを、ポチッとクリックして、隊長に応援お願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 足が遅いけど、かけっこは好きな隊長)
ラベル:アジリティー
posted by koropapa & koromama at 18:38| Comment(6) | TrackBack(0) | koro隊長のアジリティー談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

ニュー隊長ごはん 〜ニューお肉登場!

ニュー隊長ごはん44

生食23日目(8月27日)の朝ごはんです。






(レシピ)
カンガルーモモ肉 125g
水菜
アスパラガス
キューリ
ケルプ+アルファルファ
紅花油

愛情サプリ



(有)コロさんで、最初に買ったお肉がなくなったので、お肉の補充をお願いしました。

翌日、配達されてきて、冷蔵庫の整理に、やや慌てましたけどね(笑)。

今回は、馬肉や羊肉、ターキーモモ肉に加え、新たに、牛ハツ(心臓)カット、カンガルーモモ肉、鹿スネ肉などを頼んでみました。

左が鹿肉、右がカンガルー肉です。






この日は、まず珍しいカンガルーのお肉を使いました。

モモ肉を角切りにカットして冷凍してあるので、使うのに便利です。

高タンパク、低カロリー、低コレステロールで、オーストラリアではポピュラーなお肉だそうです。

アレルギー対策食としても、使われていると聞きました。

500gが1,600円と、他のお肉よりお高いですが、安いお肉で10,500円(送料無料)以上にしようとすると、冷蔵庫に入りきらないという、変な理由もあって、注文しました。



実は、このお肉の試食会を前に、koro隊長が…





とんでもない行動に!





下の写真を撮影中、隙を見てパクリ!とやっちゃったんです。

写真では分かりにくいですが、ちょっと量が減っています。

新しいお肉の匂いが気になって、我慢できなかったようです。






ところで、パクリとやる前に、隊長は高度な技を使います。

いかにも欲しそうな顔つきをしているのでしたら、こちらも警戒するのですが、こういうとき隊長は、関心がないフリをして、わざとあらぬ方向を見たり、理由もないのに、外の通行人に吠えてみたりして、こちらの気をそらします。

フェイントをかけるって言うんでしょうか…。

そして、我々を油断させておいて、振り向きざまに電光石火でパクリ!とやるんです。

こういうときのかけひきや心理戦の巧妙さには、まったく参ります。

こいつ、本当に犬かしらんと思うことも…。





さて、このあと、隊長が速攻完食したことは、言うまでもありません。





ニュー隊長ごはん45

生食23日目の晩ごはんです。






(レシピ)
鹿スネ肉 125g
サニーレタス
ナス
カボチャ
煎りゴマ
ローズヒップ
紅花油

愛情サプリ



晩ごはんでは、鹿肉を使用してみました。

朝のパクリ事件を警戒して、高いテーブルの上に置いて撮影です。

鹿肉は、高タンパク、低カロリーのヘルシーミートです。

牧場で飼育された健康的な赤鹿で、アレルギー対策食としても、利用されているそうです。

こちらも、500gが1,180円と、他のお肉に比べ、やや高めですが、カンガルーと同じ理由で買いました(笑)。


ナスとカボチャは、人間のおかず(煮物)のお裾分けです。

炒りゴマをふりかけました。

セサミンで有名なゴマ健康法を、koro隊長も実践中です。

ゴマは炒って、細かくしてある方が吸収率があがります。



(パクリ防止テーブル使用して撮影)






※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、 にほんブログ村のランキングに参加中です。
下のバナーを、ポチッとクリックしていただくと、更新の励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by フェイントの達人koro隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ニュー隊長ごはん 〜ニュー猫まんま!

ニュー隊長ごはん42

生食22日目(8月26日)の朝ごはんです。






(レシピ)
牛肉 70g
豆腐 40g
卵黄1ヶ
もやし
小松菜
すりゴマ
紅花油
ケルプ+アルファルファ

愛情サプリ



我が家は、猫も手作り食。

生食にしてからというもの、食べっぷりにもっとも変化が現れたのは、実は猫軍団なのです。

それは、まさに、劇的とも言える変化でした。

犬より肉食性が強い猫たちにとって、以前の手作り食の内容は、肉の比率が少なすぎたこともあり、やや物足りなかったようです。

ですが、今では、一心不乱に食べて、完食してくれるようになりました。

チビリチビリと食べたり、残すこともあった、それまでとは大違いです。

ごはんが、待ち遠しくてたまらない猫たちは、部屋の扉の前にお座りして、ニャーニャーと催促の大合唱!

うるさいぐらいです。



別の日の写真ですが、我が家の手作り食の様子です。

体重比からすると、隊長より猫の方が、やや肉の分量が多くなっています。






最初のころは、フードプロセッサーにかけて、ミンチ状にしていました。






こんな感じです。

でも、今では、ある程度の大きさの食材も、食べてくれるようになりました。






ボス猫しろの食事風景。

真っ白で美しい毛艶です。






成長期のちびちびは、先輩ちびのごはんを横取りしようとするので、食事時は、ケージの中に入れられます。






食が細かったちびも、良く食べてくれます。






もちろん、隊長は、素晴らしい食べっぷりです。








ニュー隊長ごはん43

生食22日目の晩ごはんです。






(レシピ)
牛肉 90g
釜揚げしらす 30g
ひじき
キャベツ
パセリ
紅花油
ローズヒップ

愛情サプリ



我が家の冷蔵庫には、「犬と猫の身体によい食材」(本村伸子獣医師)のイラストが張ってあります。

これを見ながら、献立を考えたり、次はこの食材を使ってみようかなどと、検討したりしています。






ところで、目下の悩みは…。

クール便の荷物が到着しましたが…。






中身は…。

隊長と猫達用のお肉です。


冷蔵庫の冷凍室は、これでほぼ占領されます。

大部分が動物用で、左側のごく狭い部分が人間用…。






何せ、送料無料になるように、まとめて発注するもんで、冷蔵庫の収納が悩みの種なんです。

冷凍庫を買うか、それとも、大型冷蔵庫にするか、真剣に検討しましたが…冷蔵庫を2台置く場所がない〜。

という訳で、人間用の食糧の調整がムツカシイんです。









※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、ブログランキングに参加中です。
下のバナーを、ポチリとクリックしていただくと、隊長ポイントがたまります。
よろしくお願いしま〜す。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 隊長冷蔵庫を検討中の隊長家)
posted by koropapa & koromama at 21:32| Comment(8) | TrackBack(1) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

koro隊長のアジリティー談義 〜バーの落下を防ぐには?

チーム隊長の目下一番の課題が、ハードルのバーの落下防止だ。

特に競技会のコース終盤で、バーを落下させることが多く、悩みの種になっている。

失敗がバーの落下一本だけというのが、一番惜しくて悔しい。

何か、妙案がないだろうか…。


先生からのアドバイスで、

コース上でバーの高さをまちまちにする。

左右でバーの高さを変える。

という方法を教えていただき、ときどき練習している。

この練習の目的は、犬にバーの高さに対する目測力をつけさせることにある。


アメリカのアジリティー専門誌CLAEN RUNに掲載されたナンシー・ガイズ(アメリカの有名なインストラクター)の特別寄稿(邦訳・アジリティ・ドッグ)によれば、まずはバー落下の原因を特定することが、重要だとある。

なるほど、そうだ。

彼女によれば、バー落下の原因は、

1.ジャンプゾーンに入った犬を、ハンドラーが呼ぶ。

2.ジャンプゾーンにいる犬を、ハンドラーが押す(横からプレッシャーをかける)。

3.犬の体格や怪我などの問題。

4.犬が、サイドチェンジやボイスコマンドに慣れていない。

5.踏み切りが早すぎる。

6.踏み切りが遅すぎる。

7.ジャンプするときに、体をアーチ状に丸められない犬の場合は、直進ジャンプ後にタ ーンが遅れると、後ろ足でバーを落としてしまう。

8.バーすれすれにジャンプするため、引っ掛けてしまう。

9.ゴー・オン(前進)の訓練を受けていないため、常にハンドラーを気にして振り返る。
 その結果、足でバーを引っ掛ける。

10.ハンドラーのサイドチェンジのタイミングの問題(早すぎる、遅すぎる)。


以上がトップ10だそうだ。

それぞれの原因に対し、対策や練習方法が掲載されているので、ちょっとずつ研究していくことにした。

koro隊長の場合、注意すべきは、1,2,5,10あたりだと思う。


それと、以前から気付いていることだが、コース終盤で、ハンドラーがラストスパートを掛けようとして速度を上げると、隊長が焦って、バーを引っ掛けることがある。

つまり、ハンドラーが引っ張りすぎて、踏み切り位置を誤るのである。

ところが、少しでもタイムを縮めようとしたい気持ちがあるため、なかなかコントロールがムツカシイ。

分かっちゃいるけど…である。

まあ、バーの落下は、一ヶ月やそこらで改善される問題ではないので、今年中に何とか納得のいく答えを見つけたいと思っている。

でも、課題があるってことは、楽しみがあることだからね…。



(07年4月 大阪アジリティー競技会・京都のみゅうさん撮影)








※隊長ごはんブログは、後ほどアップ!



【koro隊長からのお願い】



チーム隊長のアジ練を応援してね!
下のバナーを、ポチッとクリックしていただくと、隊長のやる気が出ます。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 中年まったりコンビのチーム隊長)
ラベル:アジリティー
posted by koropapa & koromama at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | koro隊長のアジリティー談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ニュー隊長ごはん 〜隊長ごはん、黄金の方程式!

ニュー隊長ごはん40

生食21日目(8月25日)の朝ごはんです。


この日も、朝のトレーニング(おやつはバナナ)をしましたので、水分補給代わりに豆乳を飲みました。






うまそうに、ごくごく飲み干す隊長。






さて、今日は骨の日です。






(レシピ)
はかた元気無薬鶏まるごとすり身 125g
カイワレ大根
しそ
大根おろし
レモン汁
ケルプ+アルファルファ
紅花油

愛情サプリ



隊長ごはんを始めて3週間が経過し、方程式が固まりつつあります。

名付けて、隊長ごはん、黄金の方程式!


・お肉は、いろんな種類のものを、ローテーションする。

・週一回、魚の日と内臓の日を設ける。

・骨の日は、今のところ週一回だが、今後増やしていく予定。

・カルシウム含有量の多い食材には、お酢やレモンをかける。

・消化を助ける食材を一品入れる。

・緑黄色野菜など、抗酸化作用を持つ食材を積極的に活用する。

・大豆食品、スプラウツ、海藻類も、積極的に活用する。

・魚のときは、ビタミンEを添加(紅花油など)をかける。

・必須脂肪酸(オメガ3)の補給に、シソ油、アマニ油、エゴマ油などを利用。

・ビタミンCやミネラルの補給に、ケルプ、アルファルファ、ローズヒップなどのハーブを使用する。



と言ったところでしょうか。

まだまだ、発展途上の隊長ごはんです。









ニュー隊長ごはん41

生食21日目の晩ごはんです。






(レシピ)
はかた元気無薬鶏まるごとすり身 125g
ひじき
アスパラガス
キューリのすりおろし
レモン汁
ローズヒップ
紅花油

愛情サプリ



鶏のまるごとすり身は、ホント、いい食材ですね。

一番細かいメッシュで、すり身加工しているので、骨がとても細かく破砕されています。

小型犬や歯が弱くなってきた老犬、また、骨の消化に初心者のワンコでも、安心して与えることができます。

初回は、お試しで頼んでみましたが、これからは、定期便で契約するつもりです。

今後、骨の消化力がついてきたら、軟骨など柔らかい部分の骨にも、挑戦していきたいと思います。







※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、犬ブログの世界陸上に出場中!
下のバナーを、バシッと一叩きして、気合注入お願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 早食い世界新記録保持者のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 22:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

koro隊長のアジリティー談義 〜たかがスタート、されどスタート!

アジリティーに関する随想を徒然お話しする、koro隊長のアジリティー談義。

第一回目は、スタートのお話です。


スタートの良し悪しが、競技のパフォーマンス全体に影響すると言っても、過言ではありません。

スタート地点で、犬の集中力を高め、その状態を維持したまま、スタートできるかどうかがポイントです。

通常は、スタート地点の手前に犬を座らせたうえで、ハンドラーが少し前進し、犬にスタートをかけます。

犬を座らせて、スタートの号令をかけるまでは、いわば弓を引く動作と同じです。

ぐぐ〜っと、集中力を高めて、パッと弓を放す。

そこで、ロケットスタートができるわけです。

このとき、犬が飼い主から目線を反らさず、集中力が途切れないようにしなければなりません。

集中力が途切れて、あらぬ方向を向いたり、周りをきょろきょろ見渡したり、地面の匂いをくんくん嗅ぎ出したりするようでは、いいスタートは望めません。

集中力散漫のまま、競技の前半を引きずることになります。

犬の集中力があまりないのに、犬から遠くはなれて、座れや待てなどの号令を、再々、掛け直している人をときどきみかけますが、これでは時間ばかりかかって逆効果となるばかりか、競技の進行上も好ましくないため、ジャッジから注意されることがあります。


ときには、スタートだけの練習をしてみましょう。

弓を引く要領で、集中力の高揚と持続を念頭において、練習します。

ハンドラーに注目させるために、おもちゃやボール、おやつなどで、注意を引き付け、ロケットスタート!

ハードル1本のみを跳ばして、ご褒美(ボールを投げる、おもちゃで遊ぶ、おやつをあげるなど)を与えて、すぐに終了します。

そして、犬を大いに褒めてやります。

このような、スタートに焦点を絞った練習をやっておくとよいでしょう。

集中力を持続させることができるようになったら、そばに他の人や犬がいる状況でも、できるようにしておきます。


もし、集中力の維持が難しい場合は、犬を待たせてから、なるべく時間をおかずに(ハンドラーが遠くまで離れずに)スタートした方が得策です。

それも、難しい場合や、もともとテンショが低い犬の場合は、同時スタート(飼い主と犬が同時にスタートすること)をする手もあります。

ちなみに、koro隊長は、テンションが低いため、同時スタートを選択しています。

偉そうなことを言いましたが、チームkoroも、スタートでは苦労している訳です。


たかがスタート、されどスタートですね。



(07年4月 熊本アジリティー競技会・チャコタママさん撮影)








※隊長ごはブログは、のちほどアップします。



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、犬ブログのランキングに参加中です。
下のバナーをポチッと押して、koro隊長を激励してやってください。
よろしく、お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by スタートがいつものろいkoro隊長)
ラベル:アジリティー
posted by koropapa & koromama at 18:58| Comment(8) | TrackBack(0) | koro隊長のアジリティー談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

ニュー隊長ごはん 〜今日はお魚の日!

ニュー隊長ごはん38

生食20日目(8月24日)の朝ごはんです。


今日は、週1回のお魚の日です。

前回の小アジに続いて、今回は、サンマが登場!

大丈夫とは思いますが、寄生虫対策のため、塩水に漬け、冷凍処理しました。






いつになく、まじめ顔のkoro隊長。

今回は、ぶつ切りしてあるので、魚がひとりでに口の中に飛び跳ねてくることは、期待できません。






はて、どうしたものか…。

ちょっと、顔を近づけすぎじゃあありませんか?






だ〜っ!

またもや、フライング!






サンマは、あえなく撤収!

今回は、塩辛かっただけの隊長でした…。


さて、こちらが、朝の魚ごはんです。






(レシピ)
サンマ 120g
大根おろし
もやし
しそ
レモン汁
ケルプ+アルファルファ
紅花油

愛情サプリ


現在の隊長食のローテーションでは、週1回、魚の日と内臓の日、そして、骨の日を設けております。

こうすることにより、バランスの良い栄養摂取を心がけています。

鶏のまるごとすり身などで、骨の消化に慣れてきたら、今後は、骨の日を増やしていく予定です。

皆さん、愛犬のカルシウムの必要量を把握してますか?

体重が約12sの隊長の場合、1日最低1,500mgのカルシウムが必要になります(犬の体重によって、変わります)。


ところが、カルシウムは、非常に吸収率の悪いミネラルであるため、食材含有量の20〜30%しか、体内に取り込めません。

そこで、お酢やレモン汁をかけると、キレート化という作用により、吸収率を上げることができます。

生骨や煮干、しらす干し、小魚、海藻類、また、小松菜やカブなどのカルシウム含有量の多い食材を取るときは、お酢やレモンをかけましょう。









ニュー隊長ごはん39

生食20日目の晩ごはんです。






(レシピ)
サンマ 60g
豚肉(炒め) 60g
大根おろし
ひじき
アスパラ
紅花油
ローズヒップ

愛情サプリ



小アジなど、小魚はまるごと与えることができますが、サバなど大きい魚をあげるときには、頭と内臓を取り除きます。

また、加熱する場合は、骨を除いておきます。

体内での脂肪の酸化を防ぐため、ビタミンEのサプリメントをいっしょに与えます。

紅花油には、ビタミンEが豊富に含まれています。


さざなみのように広がるkoro隊長の笑顔!

この笑顔が見たくて、毎日作ってます。








※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)



【koro隊長からのお願い】



下のバナーをクリックしていただくと、koro隊長の笑顔が、ますます広がります。
ポチッと、1クリックお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 毎日恵比寿顔のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 19:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みの宿題!

残暑厳しいですね。

万年夏休みの隊長ですが、自由研究の宿題をやってもらわなければなりません。

日中のアジリティートレーニングは、まだ無理なので、もう少し涼しくなるまで、近所の河川公園で、オビディエンス(服従訓練)の早朝トレーニングをすることにしました。

公園に鎮座する、馬頭観音様に見てもらいながらの練習です。






最近、オビディエンスは、すっかりご無沙汰していました。


最も基本的な紐付脚側行進(ひもつききゃくそくこうしん)です。

犬を指導手の左足の側にピタリとつけながら、一辺が10m、コの字型のコースを、往復します。

往路は常歩(普通に歩く速さ)、復路は速歩(早足)で練習しました。






紐無しの脚側行進です。

リードを外して、同様に脚側行進します。






停座及び称呼(ていざ及びしょうこ)です。

犬を脚側に座らせたあと、10m前方に移動して対面。

指示により、犬を呼び寄せて、脚側に座らせます。






koro隊長が好きなのは、物品持来の科目。

いわゆる、持って来いです。


ダンベルを約10メートル先に放り投げ、指示により持ってこさせます。

これを、とってもうれしそうにやるんです。






ダンベルに狙いを定めて、駆けつける隊長。






ダンベルをくわえて、指導手のもとに戻ってきます。






脚側で座って、指示があるまで待ちます。






自由科目の8の字股くぐりです。

指導手は脚を開いて立ち、指示により、足の間を8の字を描くように3回転します。






こちらも、自由科目の股くぐり歩きです。

指導手が約5m歩く間、ジグザクに脚の間をくぐりながら、ついてきます。

ダンスに応用できる動作です。






ご褒美のおやつタイム。

おやつは特製の…○○(答えは一番下にあります)。






朝とは言え、すでに相当暑かったため、集中力が今ひとつ。

特に基本の脚側行進が、どうにもピリッとしないので、もっと練習が必要です。


昔は、けっこう熱心にやっていたオビディエンスですが、アジリティーばかりやっているうちに、おろそかになっていました。

ドッグダンスの基礎訓練にもなりますので、ぼちぼちと再開しますか…。








※隊長のごはんブログは、のちほどアップ!



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、ブログランキングに挑戦中!
下のバナーを、ポチッと押して下さると、隊長のやる気が増します。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 訓練のご褒美は、牛肉だったkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | オビディエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ニュー隊長ごはん 〜なぜ、さまざまな食材を使うのか?

ニュー隊長ごはん36

生食19日目(8月23日)の朝ごはんです。






(レシピ)
鶏レバー+心臓 60g
鶏むね肉 60g
しそ
キューリすりおろし
生姜すりおろし
ケルプ+アルファルファ
醤油 2〜3滴
しそ油 小さじ1杯
紅花油 小さじ1杯

愛情サプリ



食材は、いろんな種類のものを、ローテーションして与えるのが良いとされています。

その意味は、四つあります。


第一に…。

単一の食べ物を与え続けていると、アレルギーの原因になることがあります。

同一のものが体内に入り続けることによって、抗体を作ってしまうことがあるからです。

そのため、お肉なども、一週間単位で、違う種類のものをローテーションしていった方がよいわけです。

隊長ごはんは、ほぼ毎日、異なる食材(肉類)を使用していますが、買い物の都合で、数日間、同一の食材が続いても、大丈夫です。

ただし、3〜4日から一週間をめどにして、違うものに変えた方がベターです。

フードの場合も、同一のものを与え続けることによって、アレルギーを作ってしまうことがあるため、与え方には、注意したほうが良いでしょう。


その二は…。

バラエティに富んだ食材を与えることによって、ほんとうの意味での栄養バランスをとることができます。

完全栄養食などという食べ物が、人間の世界でさえないのに、どうして、犬猫の世界にだけにあるのか不思議な感じがします。

動物園の動物たちは、フードで育てられているでしょうか?

フードは、その加工工程で、どうしても失われてしまう栄養素があるため、適当なサプリメントやサイド・ディッシュ(トッピング)等で、補給してやらなければなりません(とは言え、フードの栄養素の一部は、過剰になるおそれがありますので、要注意)。

ただし、合成されたサプリメントは、栄養素のごく一部を抽出したものであり、その効能は自然食材には及びません。


その三は…。

ホメオスタシス(恒常性)の機能を、活発化させることです。

以前の記事でも書いたように、いろいろな食材が体内に入ることによって、身体の調整システムは、活発に働こうとします。

長期間に渡って、単一の刺激しか入ってこなければ、身体の調整システムは、不活発になり、眠りこけてしまいます。


その四は…。

リスクの分散です。

現代ほど、食の安全が揺らいでいる時代は、おそらくないでしょう。

産地や種類の偽装、賞味期限の改ざん、有害物質の混入など、まさに不正のオンパレードです。

さまざまな規制や法的なしばりがあり、監督官庁が置かれている人間の食の世界でさえ、この体たらくですから、はるかに規制の緩いペットフードの安全性は、どうやって担保されるのでしょうか。

こういう時代だからこそ、自分の目で見て、材料から吟味する方が安心です。

いろいろな食材を使用することには、リスクを分散するという意味があります。

もし、同一の食材を与え続けた場合、万一、有害物質が混入していたら、その影響は、長期間に渡って蓄積し続けることになります。

その意味で、フードを使用するにあたっても、数種類のものを厳選して、ローテーションを組んだほうが良いわけです。

隊長食においても、これから多種類の食材やさまざまな仕入先を、確保していきたいと思います。









ニュー隊長ごはん37

生食19日目の晩ごはんです。






(レシピ)
鶏ささみ 110g
釜揚げちりめん 10g
大根おろし
キャベツ
ニンニク
ローズヒップ
しそ油 小さじ1杯
紅花油 小さじ1杯

愛情サプリ


食事から、ガンの予防を考える。

長寿化に伴って、多くの高齢ワンちゃんが、ガンに苦しむようになりました。

これから、年を重ねていくにつれ、ガンの発生リスクも高くなっていきますので、関節強化とともに、ガン予防が、隊長食の2大テーマとなります。

ガン予防や治療のアシストに有効な食材を、これから紹介していきましょう。


キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の植物は、インドールという物質を含み、発ガン性物質のダメージから細胞を守ってくれる働きを持っています。


ニンニクには、アリシンという栄養素が含まれており、免疫作用を活性化し、ガン細胞の成長を抑制する働きがあります。

ネギ類にも、含まれている物質ですが、ご承知の通り、犬や猫では中毒を起します。

ニンニクは、少量を生で与える分には、大丈夫です。

ただし、過剰に与えると、貧血を起す恐れがありますので、ご注意ください。


必須脂肪酸のオメガ3は、ガン細胞が広がるのを抑制してくれますが、熱には非常に弱い性質を持つ栄養素です。

しそ油とアマニ油に多く含まれています。


ガン対策を意識したレシピの開発も、これから進めていきたいと思います。









※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)
        「ガン/腫瘍」(同上)



【koro隊長からのお願い】



koro隊長のごはんブログを応援してね!
下のバナーを、ポチッを押して下さると、レシピのアイデアが浮かびます。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by ガンに負けないプロジェクト推進委員長のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 20:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

koro隊長の時事放談 〜犬には怖い空の旅?

以前のkoroブログを読み返していたら、その当時、世間でどんな事件があったのか、さっぱり分からん。

という訳で、時事の感想を、ちょびっと書き留めていきたい。

題して、koro隊長の時事放談!


今日は…。


那覇空港で起きた、中華航空機の爆発事故!

正直、またかって感じ。

事故機の社名やマークを塗りつぶしたのも、感じ悪い!

他にやることがあるだろう。

それに台北での記者会見。

「客室乗務員は的確に誘導、機長は英雄…」と自画自賛する会社側。

手を振って会見場をあとにする、英雄気取りの機長。

ちょっと、違うだろう…。

こんな体質の会社だから、事故がたびたび起こる。

利用したくないな、こんな航空会社。


それにしても、燃え盛る炎を見て、最初に思ってしまったこと…。


犬は、乗っていなかったのか?


事故の際には、手荷物を持たずに脱出するよう、手荷物規則で定められている(今度の事故では、守らない人が続出して、問題視されているようだ)。

バルクカーゴルームにいる犬は、救助されないのだろうか?


ここ数年のことだが、年に数回、飛行機に乗っている隊長にとっては、切実な問題だ。

今年の後半戦も、関東遠征が計画されている。

という訳で、航空会社に質問してみることにした。

まずは、ANAさん。

回答のあるなし、あった場合は、その内容を、後日ご報告します。



(羽田空港に到着したkoro隊長)







※隊長ごはんブログは、のちほどアップ予定!



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、ブログランキングに参加中。
下のバナーを、ポチッと1クリックして、応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 安全な飛行機に乗りたいkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 16:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ニュー隊長ごはん 〜今日命尽きるとも…。

ニュー隊長ごはん34

生食18日目(8月22日)の朝ごはんです。






(レシピ)
鶏むね肉 70g
納豆1パック 40g
けずりぶし 10g
カボチャ
小松菜
生姜
ケルプ+アルファルファ
しそ油

愛情サプリ



寿命というものは、不思議なものである。

散々、不摂生をしても、意外に長生きする人もいる。

食事や健康に気を使う人が、短命に終わることもある。

頑健そのものの人が、ある日、ぽっくり逝ってしまうこともある。

その人の天寿というものが、あるのかもしれない。

ワンコも同じであろう。


だが…

与えられた天寿を全うすること。

与えられた命を大切にすること。

いただく命に感謝すること。

こうした気持ちは、大切にしたいものである。


神道には、直会(なおらい)の儀というものがある。

神様にお供えした食物を、神事のあと、いただく儀式である。

これにより、神霊との結びつきを強くし、そのご加護を願う。

舌に神が宿り、神霊とともに、自然の恵みをいただく。

感謝によって、その命は活かされ、私達の体の中で生き続ける…。


koro隊長の食事風景を見ながら、ふと、思った。

ワンコは、実に美味しそうに食事をいただく。

新聞を見たり、テレビを見たりしながら、食べることはない。

感謝しているかどうかはアヤシイものだが、これが最後の晩餐と言わんばかりに、集中して食べている。

せっかく、貴重な命をいただくのだから、これくらい、一生懸命食べるのが、礼儀と言うものであろう…。


ワンコの食事を考えながら、いろいろなことを思う…。

毎回、食べることに真剣勝負のワンコたち。

こちらも、毎回、最後の晩餐で応えてやりたい(気持ちだけでもネ…)。

例えこの仔の命が今日尽きることになったとしても、後悔しない。

そういう思いを食事に込める…。

本村先生は、そうおっしゃていた。

つまるところ、手作り食の精神は、そこに尽きる。


ある本を読んでいたら、ナチュラル・ケアを取り入れていると、ペットロスになりにくいと書いてあった。

ホリスティック獣医学の立場を取る獣医師の言葉だ。

そこに答えを見出した気がする。



※ナチュラル・ケアとは、生命本来の強さや自然治癒力を引き出そうとするホリスティックなケアの総称。より良いごはんの徹底的な追及を始めとして、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ハーブ、指圧・鍼灸・マッサージなど、多種多様なアプローチがある。予防医学に重点をおき、QOLを高めるアプローチでもある。









ニュー隊長ごはん35

生食18日目の晩ごはんです。


名付けて、ドッグスポーツワンコ用スペシャルメニュー!






(レシピ)
鶏レバー+心臓 110g
釜揚げちりめん 10g
長芋すりおろし
モロヘイヤ
人参すりおろし
ローズヒップ
しそ油
紅花油

愛情サプリ



釜揚げちりめんを、トッピングしてみました。

ちりめんは、カルシウムの宝庫。

20gで牛乳1本分に匹敵する含有量を誇ります。

DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸も多く含まれているので、これからも、隊長食の定番として、取り入れて生きたい食材です。


長芋に加えて、モロヘイヤも、コンドロイチンやムチンの製造に欠かせない成分を含んでいる野菜。

人参やカボチャなどの緑黄色野菜は、抗酸化物を多く含み、体内の活性酸素を中和してくれます。

ローズヒップに豊富に含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成や維持に欠かせない栄養素。

という訳で、今回は、関節強化食材を取り合わせたスペシャルメニューです。









※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)
        「関節に関与する疾患と遺伝」(同上)



【koro隊長からのお願い】



ドッグスポーツをするワンコ、関節を強化したいワンコ、コーギーやダックスなど胴長短足のワンコは、関節健康プロジェクトを応援してね〜♪
下のコーギーボタンを、ポチッとクリックしていただくと、レシピ開発の励みになります。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by ほねほね大作戦指揮官のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 19:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

ニュー隊長ごはん 〜おししいものが健康食である!?

ニュー隊長ごはん32

生食17日目(8月21日)の朝ごはんです。






(レシピ)
牛肉
もやし
オクラ
小松菜
大根おろし
レモン
しそ油
ケルプ+アルファルファ

愛情サプリ


牛肉、もやし、オクラ、小松菜をミキサーにかけ、隊長式ハンバーグを作ってみました。

いろんな味が混ざり合って、う〜ん、美味!

レモンの酸味も、味覚を刺激します。

隊長と猫たちに、大好評!

隊長たちの食べっぷりを見ていると、老齢や病気でもないのに、食欲のないワンちゃんがいるのが、信じられない思いです。








おいしいものが健康食である!


またまた、隊長家の珍説披露か…。

いや、そうではない。

これは、永田動物病院の永田獣医師が、その著書「動物力」の中で述べられていることだ。

本来、動物の味覚は、自分の体にとって良いものを、おいしいと感じるようにデザインされているのだそうだ。


もちろん、味覚は、一定しているわけではない。

暑いとき、寒いとき、疲れているとき、ストレスの状態や年齢、季節などによっても、変わってくる。

そのとき、体が欲するもの、おいしいと感じるものが、その人(犬)にとって、一番いい食べ物だというのだ。

永田獣医師は、好き嫌いを、いちがいに否定されていない。

おいしくないけど、体にいいから、無理して食べようというのは間違いで、まずいのは、その人にとって必要でないか、ときには害になるから、そう感じているのだと言われる。

ただ、現代人(犬)は自然と調和しておらず、本能が半ば壊れかけているので、注意する必要がある。

スナック菓子や即席食品を、美味しいと感じる子供たち(大人も)である。

素材そのものの美味しさを、忘れてしまっているのではないか。

もしかしたら、味付けなどによって、本能をうまく勘違いさせ、おいしいと感じさせる技術を、人間は持っているのかもしれない。

甘いものや高カロリー、高脂肪食を好む人は多いが、これは、食糧事情が貧弱で、何万年ものあいだ、過酷な生存競争にさらされていた野性時代の先祖たちが、貴重なエネルギー補給源である糖分や高カロリー食を、おいしいと感じていた名残だそうだ。


運動不足で栄養過剰気味の現代人は、ある程度、本能をコントロールしなくてはならない。

その点、自然と調和した生活を送っている野性の動物には、肥満はないし、病気もめったにかからない。

一方、犬たちは、自分で選んで、食事を取ることができないので、飼い主がよく吟味してやる必要がある。


さて、あなたの愛犬は、おいしそうに食事をしますか?

もし、そうでないなら、体がそれを求めていないのかもしれませんよ。









ニュー隊長ごはん33

生食17日目の晩ごはんです。


生姜をすりおろして、かけてみました。

生姜は、味覚を刺激し、消化を助けてくれる食材です。

豚肉を味噌で炒めましたので、豚の生姜焼き定食みたいになりました。






栄養たっぷり夏バテ対策食の完成です。






(レシピ)
豚肉 90g 味噌炒め
豆腐 30g
ブロッコリーの芽
カボチャ(ゆで)
生姜のすりおろし
すりごま
ローズヒップ
しそ油

愛情サプリ







朝も晩も、実に美味しそうに食べてくれました。



※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)



【koro隊長からのお願い】



ブログランキングに参加中です。
ポチッと、1クリックしていただくと、隊長への応援ポイントが入ります。

レシピ開発の励みになりますので、よろしくお願いしま〜す。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
(by 味噌の風味が好きなkoro隊長)

posted by koropapa & koromama at 20:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジリティー練習会 おさらい編3

アジリティーには、最低限の服従訓練が必要になります。

座れ、伏せ、待て、来いなどの服従訓練を、アジリティーの練習前に、数分間やっておくと、良い相乗効果が出ます。

特に待てと来いは、セットで重点的にやっておきましょう。

koro隊長も、ドッグランができる前は、公園などでよく練習したものです。



タイヤに関するルールついて







(拒絶)
・タイヤの前で、躊躇して、立ち止まった。
・障害物の横を通り過ぎた。
・タイヤの輪の中以外の部分(横や下)を通った。



どの障害物でも言える事ですが、障害物を反対側から、跳ぶと失格になります。

タイヤの輪の下側や側方を通り過ぎてしまい(拒絶)、呼び戻したところ、反対側からタイヤを跳んでしまった。

これは、失格になります。

その他のルール説明については、koro隊長のアジリティー入門講座(過去記事)を、ごらんください(こちら)。

特に競技会に初めて出られる方は、しっかりおさらいしておいてくださいね。



(ラムちゃんと追いかけっこする隊長…ストーカーと言う説も)




ハードルの練習の仕方。

ハードルは、コース上で一番数多く設置され、もっとも基本となるアジリティーの障害物です。

ハンドリングの基本練習をするためには、数本のハードルだけでも、十分です。

数本のハードルを用いて、無限のハンドリング練習が行えます。

ビギナーやアトラクションと言われる、初心者向けのコースでは、ハードルとチューブトンネルの組み合わせになりますので、ハードルを徹底的に練習しておきましょう。


1.最初は低い位置から。

初めてハードルを練習する場合は、いきなり規定の高さから始めると、恐怖感を抱かせてしまいますので、なるべく低い位置から練習を始め、じょじょにバーの高さをあげていきます。

下をくぐる癖がある場合は、バーを上下に2本かけるか、別の障害物を置いて、くぐりを防止します。


2.リードを引っ張って、ジャンプさせない。

最初のうちは、リードを付けて練習します。

ここで、リードを引っ張る人が多いと、先生から指摘がありました。

無意識のうちに、引っ張ってしまうのでしょうが、リードを引っ張って、ジャンプさせていると、ジャンプのたびに、首を引っ張られて嫌な感じを持ったり、強制的にやらされているという印象を植え付けてしまいますので、注意しましょう。



(こんな低いハードルじゃあ、跳ぶ気がしないわ by夢っち)




3.左右どちらの位置でも、できるようにする。

犬が左右どちらのポジションにいても、走れるように練習します。

片方のポジションがうまくいかない場合は、ハードルの片側を壁やフェンスにくっつけて練習するか、犬をハードルの両側から2人ではさんで練習します。


4.コマンドのタイミングについて。

ジャンプ、ホップ、跳べなど、コマンドの呼び方を決めておきます。

犬がジャンプの動作に移る前に、コマンドを発する必要があります。

このタイミングが遅い人が圧倒的に多いようです。

前のハードルを後ろ足が通過したときに、次のコマンドを発せよという人もいます。

犬のスピードや踏み切り位置などによって、調整すべきでしょうが、総じてコマンドは、早め早めに出すようにします。



(つばさ君のマネージャー、タッチ姉貴とちょい役出演の隊長))




5.褒め方が足りない。

飼い主が喜んでいることが、犬に伝わるよう、しっかり褒めてあげます。

その犬が一番好きなもの(おやつ、ボール、おもちゃなど)を与えてやることも、いい動機付けになります。

走り終わったあと、たいていの犬は、飼い主の顔を見上げて、どうだった僕(私)?と問いかけています。

飼い主の方は、それをほとんど無視していることが多いものです。

目と目を合わせて、絆を確認する大いなるチャンスを逃しているのです。

だんだん、上達してくると、できて当たり前という感じになって、褒めなくなってきます。

褒め方が足りない…。

どんなに上達しても、省みるべきことがらです。



(今度の競技会は…ムツカシイ顔のつばさ隊員)




6.失敗しても、叱らない。

アジリティーには、服従の精神も必要ですが、オビディエンス(服従訓練)とは異なった精神的要素も必要になってきます。

遊び心、自主性、活発な精神などです。

飼い主との楽しい共同作業…この基本理念をいつも、念頭において、練習しましょう。

飼い主がカリカリ、イライラしながら、練習していると、犬は楽しい作業とは、思わなくなります。

その結果、飼い主の指示で仕方なくやるものの、テンションが低く、自主性が見られない走りっぷりになってしまいます。



Let's Enjoy!





※隊長ごはん、ただ今製作中!

 Coming soon.



【koro隊長からのお願い】



皆さんの競技会デビューがうまくいくよう、ポチッと応援してくだしゃれ。
コーギーのボタンを、1日1クリック、おねげえしますだ。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by のろいながらも、正確さがウリのkoro隊長)
ラベル:アジリティー
posted by koropapa & koromama at 18:16| Comment(6) | TrackBack(1) | アジリティー(練習会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

ニュー隊長ごはん 〜検証!手作り食

ニュー隊長ごはん30

生食16日目(8月20日)の朝ごはんです。

ついにニュー隊長ごはんも、30を迎えました。

隊長のごはんブログ、止めるタイミングを見計らってたんだけど、こうなると、ず〜っと記録してきたくなっちゃうなあ…。

どうしよう…。







(レシピ)
鶏肉 120g
セロリ
昆布
ケルプ+アルファルファ
しそ油

愛情サプリ



以前、受けた健康指導セミナー(人間の)で、オサカナスキヤネというキーワードを習いました。

成人病予防になる血液サラサラ食材の頭文字を取ったものです。

オ … お茶
サ … 魚
カ … 海草
ナ … 納豆
ス … 酢
キ … きのこ
ヤ … 野菜
ネ … ネギ



この中で、ご存知の通り、ネギは×、お茶は?ですが、あとは、ワンコの健康にも良く、積極的に取り入れたい食材です。


昆布は、カルシウムやカリウム、鉄分、ヨウ素など、ミネラル分を豊富に含む健康食材です。

海藻類は、水溶性の食物繊維が豊富なので、便を柔らかくたり、コレステロールや体内の有害物を外に出す働きがあります。


と言うわけで、ワンコの手作り食をやっていると、栄養学を勉強するようになるので、人間の健康管理にも、目が行くようになります。

これもいい副産物でした。







さて、ニュー隊長ごはんを始めて、半月を過ぎましたので、そろそろ検証してみなければなりません。

うんPやおしっこの観察をしたり、体をまめに触って、あばら骨の出具合や肉のつき具合を確認したり、体重測定を定期的に行っていますが、見た目の変化では、分からない部分もあります。

そこで、かかりつけの病院で、血液検査をしてもらいました。

koro隊長は、肝臓に関する数値(GPT)が、長年、正常値を外れていますが、今回、特に大きな変化はありませんでした。

ただ、先生は、検査数値について、あまり気にしなくてよいと言われました。

正常値から外れていても、即病気ということではなく、それはその子の生まれつきの数値(体質)と考えられるので、あまり心配しなくてよいとのことでした。

要は、数値が安定していることが重要で、諸数値(今回は14項目検査)に大きな変動がないか確認するのが目的だったので、ひとまず安心しました。

(検査は、あまり意味がないという獣医師もおられます。最近、医療の逆説について、面白い本を読んだので、今後、ぼちぼちご紹介していきます。)



それはそうと、ここはどこでしょう?

情けない姿の隊長ですが…。






かかりつけの病院でした。

上目遣いで、助けをめる隊長。

吠えたり、暴れたりする訳ではないんですが、注射のとき、鼻に皺が寄るので、念のために装着されます。






くわっ!


その瞬間、刮目する隊長。

迫力ある古武士の雰囲気を漂わせます(ものは言いよう…)。






よく我慢しました。

びぢんのお姉さんだから、良かったのかもしれません(笑)。






その昔、口輪トレーニングをよくしたものです。

今では、必要がなくなりました(病院では念のため、今でもされます)。

懐かしい思い出です。






お利口に頑張ったので、ご褒美のおやつが用意されました。

蜂蜜入りの…。






ローヤルゼリー入り、ヨーグルトとバナナです。






あまりにも美味しそうなので、自主芸(指示もないのに、芸をすること)です。

「寝ろ」の芸を、勝手にやっていました。

「ほら、芸をしたから、早くちょうだい」と言わんばかり…。






もちろん、このあと、美味しくいただきました。

隊長の勝ち〜!





ニュー隊長ごはん31

生食16日目の晩ごはんです。






(レシピ)
牛肉 120g
白菜
三つ葉
人参すりおろし
焼きナス
ローズヒップ
しそ油

愛情サプリ



この日は、牛肉の日でした。

お肉がほぼなくなってきたので、また注文しなくてはなりません。


白菜には、発ガン性物質を抑える成分が含まれています。

ナスは、必ず火を通します。

なお、関節炎や寄生虫感染がある個体には、与えるのを控えた方がよいそうです。







※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)



【koro隊長からのお願い】


注射を頑張ったkoro隊長に、お褒め(でもないか…)のポチッをお願いします。
下のバナーを、クリックして、応援してね〜♪


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by びぢんのお姉さん+おやつ付きなら注射も我慢するkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 21:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジリティー練習会 おさらい編2

今年は、久々にJKCでアジリティーのルール改正がありました。

競技会では、ベテランでもイージーミスで失格するケースを、ときどき見かけます。

基本ルールをバカにせず、折に触れて確認しておきたいものですね。


今日は、練習会のおさらい編その2です。



(YNCのアリスちゃんとごんべえ君)




トンネルについて


トンネルには、チューブトンネル(固形トンネル)とソフトトンネル(柔トンネル)の2種類があります。



(チューブトンネル)




(ソフトトンネル)




ソフトトンネルは、入口(アーチ型の部分)と出口(布側)が決まっていますが、チューブトンネルは、コースによって、入口と出口が異なります。

チューブトンネルは、入口も出口も同じ形をしているため、注意しなくてはなりません。

障害物の順番を示す番号札が、チューブトンネルの真ん中に置かれていた場合は、どちらから入ってもOKという意味です。

また、どちらか片側に、番号札が置かれていた場合は、そこが入口になります。

反対側から入ると、失格になってしまいますので、ご注意ください。

1度クラスでは、あまり見かけませんが、2度以上になると、目の前の入口ではなく、わざわざ遠い方の入口へ入れなくてはならないケースに、しばしば出くわします。

チューブトンネルは、どちらでも、指示した方向から入れられるように練習しましょう。


トンネル共通事項

(拒絶)
・トンネルの前で、躊躇して止まった。
・トンネルに入らずに、横を通り過ぎた。
・トンネル内に、鼻先や足を入れたが、中に入らなかった。
・トンネルに入ったが、戻ってきて入口から外に出た。



(トンネルの入口で物憂げな表情を見せるタッチちゃん)




男の子は、トンネルの中で、マーキングする場合があります。

アジリティーリンク内での排泄行為は、即失格ですが、特にトンネル内でのマーキング行為は、後に入るワンちゃんのマーキングを誘発しやすいので、注意しましょう。



(koro隊長は、ぴちぴちギャルのラムちゃんがお気に入りの様子)




スラロームについて


通常12本のポールが、50〜65cm間隔で立っています。






スラロームは、必ず第一ポールの右側から入ります。

途中のポールを抜かしたりしなければ、最終ポールを左方向へ出ることになります。

スラロームを正しく通過しないまま、次の障害に進むと、失格になりますので、ご注意ください。

1本抜かしたことに気がつかないまま、次の障害に行って失格を宣告されるケースを、競技会でも何度か見かけます。

最後のポールを左から出たかどうか、よく確認しておきましょう。


スラロームの拒絶と失敗

(拒絶)
・スラロームに入る前に、躊躇して止まった。
・スラロームの入口の横を通り過ぎた。
・スラロームの入口を間違えた(左側から入ったり、2本目以降のポールから進入した場合)。
・正しく進入したが、2本目のポールに行く前に、くるりと戻ってしまった。


(失敗)
・正しく進入して、2本目以降のポールで間違えた場合は、失敗になります。



失敗した場合は、失敗したところからやり直せばいいことになっていますが、たいてい、どこで失敗したか分からなくなるので、入口に戻ってやり直すことが多いようです。

やり直しを命じた場合は、ハンドラーの方に呼び込み、いったん、スラロームから離れさせて、入口に誘導するようにしましょう。

やり直しをしようとして、ポールを3本以上逆走すると、失格になってしまいます。



それでは、今日は、この辺でお終い。

続きは、また次回…。



※隊長のごはんブログは、のちほどアップします!





【koro隊長からのお願い】


koro隊長は、にほんブログ村のランキングに参加中。
下のバナーを、ポチッとクリックしてくださると、隊長は嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 今日もまったりなkoro隊長)
ラベル:アジリティー
posted by koropapa & koromama at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | アジリティー(練習会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ニュー隊長ごはん 〜QOLを考えよう!

ニュー隊長ごはん28

生食15日目(8月19日)の朝ごはんです。






(レシピ)
はかた元気無薬鳥まるごとすり身 125g
カイワレ大根
オクラ
しそ
ケルプ+アルファルファ
レモン汁
紅花油

愛情サプリ



QOL(クォリティ・オブ・ライフ=生活の質)という言葉がある。

医療や福祉の分野で、最近重視されるようになってきた概念だ。

手術や投薬を始めとした、さまざまな治療行為に当たって、治癒することもさることながら、患者の人間らしい生活の質を重視しようという考え方だ。

病気を治すためには仕方ないと思われていた、耐え難い苦痛や禁欲的な生活、また、のちの生活に支障を来たすような手術方法などが、QOLの観点から、見直されるようになった。

健康になる、病が治癒するということは、もちろん重要なことだが、同時に人間らしい、充実感や満足感を伴った生活も、考慮されなければならない。



我が家には、苦い思い出がある。

初代白猫だったハクの闘病生活のことだ。





ハクは、野良猫時代に、すでに扁平上皮ガンにかかって、右耳がちぎれかけていた。

保護したその日に、緊急手術になった。

術後数ヶ月間は、小康状態を保ったものの、その後再発。

毎日のように病院通いとなった。

かかりつけの先生も手がなく、大学病院に紹介された。

そこで、入院して、MRIなど最新の機器を用いての検査や、放射線治療を受けることになった。

扁平上皮ガンは、放射線治療に反応が良いという先生の言葉に、一縷の望みを託し、10回に渡る治療を受けることになった。

しかし、薬石効なく、みるみるうちに衰弱していったため、治療を中断して、家に引き取ったが、まもなく虹の橋を渡った。





入院して、心細かったであろうハクの心情を、今思いやれば、酷な処置であったような気がする。

さまざまな検査や麻酔、放射線治療によって、強度のストレスと身体へのダメージを被ったであろうことは、想像に難くない。


近所の猫おばさんに飼われている猫は、ガン宣告を受けても、ほとんど治療らしい治療を受けさせず、自然な生活を続けているが、もう3年以上も生きている。

以前の飼い猫に、抗ガン剤などの治療を受けさせたところ、みるみる衰弱して亡くなった経験から、そうしたそうだ。

猫おばさんの話では、経験上、放射線治療や抗ガン剤などで、あまり体をいじくらず、自然に気楽な生活を送らせてやった方が、かえって長生きするとのことである。

もちろん、この数例をもって、一般化することはできないが、ハクの治療には、QOLの観点が、決定的に欠けていたことが、今になって分かる。

入院治療を選択せず、家で愛情いっぱいのナチュラルケアを行っていれば、もっと長生きしていたような気がする。

いや、寿命を長引かせることよりも、ハクの人生のフィナーレを、もっと、充実させてやることができたのではないか…。



現在、QOLは、さまざまな分野で、広義に使われるようになった。

ところで、犬のQOLは、どうであろうか?

犬の生きがいは、飼い主に愛されることや人といっしょに働くことなどであるが、もう一つ、食への欲求が強いことは、論を待たない。

食事を充実させてやることは、犬のQOL向上につながるのである。

健康であろうが、病気であろうが、食の喜びを満足させてやることは、犬の人生を充実させてやることになると思うのだが、いかがだろうか…。









ニュー隊長ごはん29

生食15日目の晩ごはんです。






(レシピ)
馬肉50g
豚肉50g
卵黄 1ヶ
アスパラガス
しそ
ニンニク
しそ油
ローズヒップ

愛情サプリ



アジリティー練習会のあとだったので、疲労回復&夏バテ予防食にしました。


炒めた豚肉と生の馬肉を混ぜ合わせ、卵黄をトッピング。


アスパラガスは、夏バテ対策に良い食材の一つです。

含有成分のアスパラギンが、新陳代謝を活発にし、疲労回復を促進します。


もう一つ、夏バテに効果のある食材として、ニンニクがあります。

ガン予防の効果が高い食材のトップにあげられるもので、強い殺菌作用も持っており、少量なら、ワンコにも問題ありません。

ただし、造血器系が未発達な、6ヶ月未満の子犬や子猫には、与えない方が良いそうです。









※参考図書「もう迷わない!ペットの健康ごはん」(本村伸子獣医師)





【koro隊長からのお願い】



koro隊長のお料理教室を応援してね〜♪
下のバナーをクリックしてくださると、応援ポイントが入ります。
これからも、おいしいレシピ開発のため、ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by koro隊長のお料理教室)
posted by koropapa & koromama at 21:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジリティー練習会 おさらい編1

アジリティーは、愛犬と楽しめる稀有なスポーツです。

馬術競技を元に、イギリスで考案されたアジリティー競技は、今や世界中で親しまれており、全米大会やヨーロッパ大会、そして、世界大会など、各地で公式競技会が開催されています。

近年、日本のアジリティー熱も高まり、愛犬と汗を流す人々が増えてきました。

飼い主(ハンドラー)も、いい運動になりますし、何より頭を使うので、今流行の脳トレやボケ防止(笑)にもなりますよ。



(褒め上手のタッチパパ)




これから、先週の日曜日に行われたアジリティー練習会の内容を、おさらいしていきたいと思います。

初めての方や惜しくも出席できなかった方がおられますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

基本的なルールについては、これから取り組まれる方も、すでに相当進んでおられる方も、ケアレスミスをしないよう、しっかり頭に入れておきましょう。



(まったりモードのkoro隊長)




失敗と拒絶について

障害物を正しくクリアできなかった場合、「失敗」か「拒絶」の減点を取られます。

両者の大きな違いは、「拒絶」を3回やると、失格(競技終了)になってしまうことです。

「拒絶」は、ハンドラーの指示を聞かなかったり、あるいは、拒否したということなので、やる気はあったが、技術上のミスをした「失敗」より、重く見られる訳です。

「失敗」の場合は、やり直しをせず、次の障害物に進みますが(スラロームは例外)、「拒絶」の場合は、必ずやり直しをしなければなりません。

「拒絶」をした障害物をやり直しせずに、次に進むと、失格になります。

「失敗」のとき、ジャッジはパーの手を、「拒絶」のときは、グーの手を上げます。



(ラムちゃんとkoro隊長)




タッチ障害について

Aフレーム(板壁)、ドッグウォーク(歩道橋)、シーソーは、タッチ障害と呼ばれます。

障害物の上りの部分と下りの部分に、色の異なるタッチゾーンがありますが、これを必ずタッチしなければなりません。

無理なジャンプをして、犬にケガをさせないよう、安全性に配慮して決められたルールです。

4本足のうちのどれか1本でもタッチしていればOKですが、練習では、必ず伏せなどをさせて、数秒間待たせるようにしましょう。

ハンドラーが動いても、コマンドを解除するまでは、犬が動かないようにトレーニングをします。

この練習をきっちり行っていないと、競技会などでハイテンションになった場合は、タッチゾーンの手前から、ぴょんぴょん跳んでしまうようになります。



(夢っち VS アリスちゃん)




「拒絶」と「失敗」について、具体例をあげて説明します。


タッチ障害の共通事項

(拒絶)
・障害物の手前で、躊躇して立ち止まった。
・障害物に上らずに、横を通り過ぎた。

(失敗)
・上りのタッチゾーンを踏まずに、障害物へ上った。
・下りのタッチゾーンを踏まずに、地面に跳び下りた。


Aフレーム

(拒絶)
・上り坂の途中から、地面に跳び下りた。

(失敗)
・下り坂から、横に飛び降りた。






ドッグウォーク

(拒絶)
・上り坂の途中から、地面に跳び下りた。
・天板(平行な部分)から、地面に跳び下りた。

(失敗)
・下り坂から、横に跳び下りた。






シーソー

(拒絶)
・中央部分(支点)を通過する前に、地面に跳び下りた。

(失敗)
・中央部分を通過後、シーソーの板が接地する前に、跳び下りた。



今日は、この辺で。

次回に続きます…。


質問がある方は、お気軽にどうぞ!



※隊長ごはんシリーズは、別記事で後ほどアップします。



【koro隊長からのお願い】


koro隊長は、犬ブログのランキングに参加中です。
1日1回、コーギーバナーを、ポチッとクリックしていただくと、更新の励みになります。
応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by そろそろ練習を始めんといけんkoro隊長)
ラベル:アジリティー
posted by koropapa & koromama at 18:09| Comment(6) | TrackBack(0) | アジリティー(練習会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

アジリティー練習会スペシャル!

昨日の夕方は、DRY(ドッグランやまぐち)で、山口県の有名なアジラーである、木村新子先生のアジリティー教室が開かれました。

隊長を含め、12頭のワンちゃんと飼い主さんが参加され、夜遅くまで熱心に受講。

基本ルールの説明から始まって、一つ一つの障害物の練習の仕方などを、木村先生が、熱く解説されました。






隊長家も、初心に戻って基礎を復習することができ、有意義な練習会でした。

ハードルをジャンプするkoro隊長です。






スラロームを2列にした練習法を習う、つばさ君(1歳)とタッチパパ。

こんな夜遅くまでやりました。

練習が佳境に入ったところで、雷鳴が轟き、惜しくもタイムアップ。







YNC(山口ネットコーギーズ)の夢っち隊員(2歳)は、ハードルが、ちょっと気乗りしなかったようです。

簡単すぎて、やる気が起こらなかったかな?






同じくYNC隊員のアリスちゃん(1歳)は、スピードも速く確実にジャンプできるようになりました。

順調に成長しているようです。

競技会デビューに向けて、頑張りましょうね。






YNC新入隊員のごんべえ君(8ヶ月)も、ママ(JON子さん)と参加。

障害を怖がらないので、将来が楽しみです。






かのんちゃん(1歳)のジャンプ姿は、とっても優雅。

9月30日の競技会デビューが楽しみです。






積極的なMダックスのジーク君(5歳)とSayakaさん。

目指せ、ダックスの星!






Mダックスのライン君(4歳)もジークお兄ちゃんを見習って、頑張りましたよ。

2頭で、競技会に出られるようになると、嬉しいですね。






ワイマラナーのバッちゃん(2歳)とすーばーばーさん。

上達著しいので、びっくりしました。

9月30日に競技会デビューされるようです。






ゴールデンの潤君は、まだ8ヶ月ですから、これからが楽しみですね。






コリーのレオ君(2歳)です。

最初は、Aフレーム(板壁)を平らにした状態から練習。

アジリティーは、老若男女、そして、いろんな犬種のワンコが楽しめる競技です。






Mダックスのラムネ君です。

まだ、11ヶ月、小さいのに頑張りました。

Mダックスでも、アジリティー競技会で活躍しているワンちゃんがいますよ。






山口県では、本格的なトレーナーに教えてもらえる機会がなかなかありせんので、このような練習会ができて、よかったと思います。

今後もDRYで、アジリティーの輪が広がっていくことを、願っています。

なお、隊長家は、9月から木村先生のアジリティー教室(日曜日16時〜)に通いますので、もし、習われたい方がおられましたら、ご連絡ください。

また、今後、DRで練習したい方がおられましたら、遠慮せず、気軽に隊長家へお声をかけてくださいね。

ぜひ、ごいっしょに練習しましょう。



※隊長のごはんブログは、カテゴリーが違うため、別記事に分けました。





【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、犬ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、koro隊長への応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by ちょっと、とろころだったkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | アジリティー(練習会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。