プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2008年12月23日

動物病院開業入門

ということで、秘密のプロジェクトとは、動物病院開業プロジェクトでした。

でも、自宅の一室が診療室なので、普通の動物病院らしくありません。

須崎動物病院の移動式診療所という位置づけです。

もしかしたら、日本一小さくて、日本一不定期の動物病院かも…。

このスタイルを当局に理解してもらうのに、苦労しました。

確かに前例がないのでしょう。

須崎先生のプロフィールを印刷し、たくさんの著作を鞄に詰めて持っていき、県の担当官に説明しました。

ちょっと、不思議がられているようでした。


動物病院を開設するには、獣医療法及び獣医療法施行規則に則った条件を整えたうえで開業し、「診療所開設届」を提出する必要があります。

本当は、来年の元旦を開設日にしようかと思ったのですが、届は開設後、10日以内に出すという規則になっていますので、提出日より前の日でなければなりません。

なので、12月某日、私たちの結婚記念日を開設の日としました(どうでもいいことですが…)。

さて、この場合、開設者(経営者)が、必ずしも獣医師である必要はありません。

ですから、今回のように、経営者が隊長プロで、診療する獣医師が須崎先生という構図もありなのです。

診療所開設届には、診療所の図面や周辺地図、そして、獣医師免許証の写しなどを添付する必要があります。



ということで、こちらが須崎先生の獣医師免許証。






そして、こちらが動物病院を所管する県の出先機関・農林事務所及び家畜衛生保険所
です。

こちらで手続きをしました。






とりあえず、当局に書類を受理していただきましたので、最初の一山は超えました。

しかし、これから、HPを作ったり、実際の診療日の設定をしたり、いろいろと準備することがたくさんあります。

最初の診療日を迎えるまでは、まだまだもうひと頑張りです。

そして、何より、お客様がいないことには成立しません。

地方で須崎先生の診療を受ける機会を実現すべく頑張りますので、どうか、皆さまの応援をよろしくお願いしたいと思います。

日本一小さいけれど、飼い主の立場で経営する、アットホームな動物病院を目指します!


(名誉理事長の隊長と須崎院長)




すでに、何件かのお申し込みをいただきました。

ありがとうございます。



日本一小さい動物病院に、ポチっと応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
ラベル:須崎動物病院
posted by koropapa & koromama at 10:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物病院開業物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アニマルメディカルセンター(24時間 365日...
Excerpt: あなたの資産運用を無料診断(所要3分)↓↓↓ 今のチワワを飼いだしから、初めての動物病院に行ってきました。武蔵小杉の家のマンションのすぐ近くにアニマルメディカルセンター...
Weblog: 金融起業家河合圭のオフショア投資ブログ
Tracked: 2010-07-15 11:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。