プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2008年12月27日

漢字で振り返る隊長家の一年 その1

今年を象徴する漢字は、「変」だそうですね!

変化の変、変動の変、変事の変…。

まさにその通り!

隊長家も、「大変」でした!


悲しいことを振り返らなければなりませんが、父のガン発見。

余命、2〜3年と言われたのが、わずか、3ヶ月余り後に急逝。

これ以上ない、変事でした。


そのほか、変化という意味でも、大きな出来事がありました。

セミナーやイベント開催の「隊長プロ」や、須崎先生のサプリメントなど、こだわりの商品を扱う「隊長商店」の設立。

そして、来年に本格スタートする、バイオレゾナンス・セラピー&リラクゼーションの「隊長サロン」「須崎動物病院 山口診療所」の設立!

これらも、大きな変化の波でした。


(隊長の片眼が潰れてびっくりした変事)




陰陽学的に見ると、世の中は600周年という周期で、陰と陽の交代を繰り返すという説があるそうです。

そして、現在がまさにその変わり目の時なんだそうです。

価値観が変わり、世の中の仕組みが変わり、主役と脇役が交代し…。

繁栄の象徴とも言えるアメリカ経済が弱体化し、世界のトヨタが赤字に陥り、大きな経済変動が続いているのも何か象徴的です。

「CHANGE!」というスローガンを掲げて、オバマ氏がアメリカ初の黒人大統領に当選したのも、今年でした。

変化を嘆くのではなく、変化の「機」をとらえなければならない。

とある先生は言われました。

変異流転、変わることそのものが、存在の本質。

変わることをやめるのが、すなわち死。

その死でさえ、繰り返す変化の一局面に過ぎず、生と死、吉と凶、陰と陽は、あざなえる縄のごとし。


例えば、寄せては返す波のような私たちの呼吸。

吸う息と吐く息、陰と陽の繰り返しは、私たちが息を引き取るまで続きます。

ですが、吐く息と吸う息の転換点に、絶対的静寂の瞬間があるのをご存知ですか?

これすなわち、陰陽が入れ替わる瞬間。

陰極まりて陽に転じ、陽極まりて陰に転ず。

出息は死であり、入息は生。

私たちは、生のさなかあって、無数の生と死を繰り返しています。

陰と陽の間に、転機があり、永遠に通ずる静寂がある。

商売に「商機」があり、政治にも「政機」があるごとく、何事にも「機」があると、安岡正篤師は言われました。

さて、今年、日本に誕生した新総理(麻生首相)は、「機」に敏感でしょうか?

自○党は、転機を逃しているような気がしてなりませんが…。


「機」を逃すことなかれ!

さあ、おのおの方、変わることに対して、準備はできていますか?

できるなら、変わることを楽しんでみましょう。

変化することそのものが、生なのですから…。



ああ、いけない!

リヒャルト・シュトラウスの「死と変容」を聞きながら書いていたので、また語ってしまいました…(汗)。



(隊長ごはんも、変化しています)




私もあなたも、1年後はどうなっているでしょうね?

先行き不安なところもあるでしょうが、大いなる「CHANGE」を楽しみつつ、流れる水のように、自由自在、融通無礙、天衣無縫でありたい。

そう願う隊長でありました。



変わらないマイペースの隊長に、ポチっと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
posted by koropapa & koromama at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。