プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2007年08月27日

koro隊長のアジリティー談義 〜たかがスタート、されどスタート!

アジリティーに関する随想を徒然お話しする、koro隊長のアジリティー談義。

第一回目は、スタートのお話です。


スタートの良し悪しが、競技のパフォーマンス全体に影響すると言っても、過言ではありません。

スタート地点で、犬の集中力を高め、その状態を維持したまま、スタートできるかどうかがポイントです。

通常は、スタート地点の手前に犬を座らせたうえで、ハンドラーが少し前進し、犬にスタートをかけます。

犬を座らせて、スタートの号令をかけるまでは、いわば弓を引く動作と同じです。

ぐぐ〜っと、集中力を高めて、パッと弓を放す。

そこで、ロケットスタートができるわけです。

このとき、犬が飼い主から目線を反らさず、集中力が途切れないようにしなければなりません。

集中力が途切れて、あらぬ方向を向いたり、周りをきょろきょろ見渡したり、地面の匂いをくんくん嗅ぎ出したりするようでは、いいスタートは望めません。

集中力散漫のまま、競技の前半を引きずることになります。

犬の集中力があまりないのに、犬から遠くはなれて、座れや待てなどの号令を、再々、掛け直している人をときどきみかけますが、これでは時間ばかりかかって逆効果となるばかりか、競技の進行上も好ましくないため、ジャッジから注意されることがあります。


ときには、スタートだけの練習をしてみましょう。

弓を引く要領で、集中力の高揚と持続を念頭において、練習します。

ハンドラーに注目させるために、おもちゃやボール、おやつなどで、注意を引き付け、ロケットスタート!

ハードル1本のみを跳ばして、ご褒美(ボールを投げる、おもちゃで遊ぶ、おやつをあげるなど)を与えて、すぐに終了します。

そして、犬を大いに褒めてやります。

このような、スタートに焦点を絞った練習をやっておくとよいでしょう。

集中力を持続させることができるようになったら、そばに他の人や犬がいる状況でも、できるようにしておきます。


もし、集中力の維持が難しい場合は、犬を待たせてから、なるべく時間をおかずに(ハンドラーが遠くまで離れずに)スタートした方が得策です。

それも、難しい場合や、もともとテンショが低い犬の場合は、同時スタート(飼い主と犬が同時にスタートすること)をする手もあります。

ちなみに、koro隊長は、テンションが低いため、同時スタートを選択しています。

偉そうなことを言いましたが、チームkoroも、スタートでは苦労している訳です。


たかがスタート、されどスタートですね。



(07年4月 熊本アジリティー競技会・チャコタママさん撮影)








※隊長ごはブログは、のちほどアップします。



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、犬ブログのランキングに参加中です。
下のバナーをポチッと押して、koro隊長を激励してやってください。
よろしく、お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by スタートがいつものろいkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:58| Comment(8) | TrackBack(0) | koro隊長のアジリティー談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

koro隊長のアジリティー談義 〜バーの落下を防ぐには?

チーム隊長の目下一番の課題が、ハードルのバーの落下防止だ。

特に競技会のコース終盤で、バーを落下させることが多く、悩みの種になっている。

失敗がバーの落下一本だけというのが、一番惜しくて悔しい。

何か、妙案がないだろうか…。


先生からのアドバイスで、

コース上でバーの高さをまちまちにする。

左右でバーの高さを変える。

という方法を教えていただき、ときどき練習している。

この練習の目的は、犬にバーの高さに対する目測力をつけさせることにある。


アメリカのアジリティー専門誌CLAEN RUNに掲載されたナンシー・ガイズ(アメリカの有名なインストラクター)の特別寄稿(邦訳・アジリティ・ドッグ)によれば、まずはバー落下の原因を特定することが、重要だとある。

なるほど、そうだ。

彼女によれば、バー落下の原因は、

1.ジャンプゾーンに入った犬を、ハンドラーが呼ぶ。

2.ジャンプゾーンにいる犬を、ハンドラーが押す(横からプレッシャーをかける)。

3.犬の体格や怪我などの問題。

4.犬が、サイドチェンジやボイスコマンドに慣れていない。

5.踏み切りが早すぎる。

6.踏み切りが遅すぎる。

7.ジャンプするときに、体をアーチ状に丸められない犬の場合は、直進ジャンプ後にタ ーンが遅れると、後ろ足でバーを落としてしまう。

8.バーすれすれにジャンプするため、引っ掛けてしまう。

9.ゴー・オン(前進)の訓練を受けていないため、常にハンドラーを気にして振り返る。
 その結果、足でバーを引っ掛ける。

10.ハンドラーのサイドチェンジのタイミングの問題(早すぎる、遅すぎる)。


以上がトップ10だそうだ。

それぞれの原因に対し、対策や練習方法が掲載されているので、ちょっとずつ研究していくことにした。

koro隊長の場合、注意すべきは、1,2,5,10あたりだと思う。


それと、以前から気付いていることだが、コース終盤で、ハンドラーがラストスパートを掛けようとして速度を上げると、隊長が焦って、バーを引っ掛けることがある。

つまり、ハンドラーが引っ張りすぎて、踏み切り位置を誤るのである。

ところが、少しでもタイムを縮めようとしたい気持ちがあるため、なかなかコントロールがムツカシイ。

分かっちゃいるけど…である。

まあ、バーの落下は、一ヶ月やそこらで改善される問題ではないので、今年中に何とか納得のいく答えを見つけたいと思っている。

でも、課題があるってことは、楽しみがあることだからね…。



(07年4月 大阪アジリティー競技会・京都のみゅうさん撮影)








※隊長ごはんブログは、後ほどアップ!



【koro隊長からのお願い】



チーム隊長のアジ練を応援してね!
下のバナーを、ポチッとクリックしていただくと、隊長のやる気が出ます。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 中年まったりコンビのチーム隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | koro隊長のアジリティー談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

koro隊長のアジリティー談義 〜アジリティーランキング・ただ今何位?

ドッグスポーツの専門誌である、ドッグスポーツジャーナル誌が、発表しているアジリティーランキングがあります。

JKCの公式アジリティー競技会の成績(大会規模、順位、旋回スピードなど)を元に、全国ランキングを算出しているものです。

koro隊長の昨年の最終順位は、21位(2度スモール総合部門)でした。

ところが、クリーンランを連発した昨年と違って、今年は、まだクリーンランが1回も出ておらず、チーム隊長の調子は、決してよくありません。

なのに…。

9月号での集計では、17位になっていました。

地区別に見ますと、山口県では1位、中国地方(中国五県)では2位、関西以西の西日本では6位、そして、犬種別(コーギー)では、全国5位でした。





とまあ、昨年よりいいみたいですが、これはあくまで瞬間値。

5月の四国ブロック競技会までの集計ですが、今年は昨年ほど、競技会に出ていませんし、現在、団子レースの状態なので、最終的に、30位以内に留まることは、困難だろうと思います。

夏の夜の束の間の夢ということで、このお話は、今日のビールの魚になりました。


ところで、隊長のことより、ちょっと自慢したいのが、うちのスクールの先輩方なんです。

ボーダーコリーの多頭飼いで、今は代替わり中なんですが、激戦の1度ラージで全国1位と4位なんですよ。

特にMさんのビーチちゃんは、デビュー後、あっという間に2度に上がり、この夏、北海道まで遠征して優勝したりと、目覚しい活躍をしておられます。


さて、9月30日を皮切りに、隊長の全国ロードが始まります。

アジリティーチャンピオンを完成してしまってから、ややモチベーションが低いので、旅行が主目的となるでしょうけどね…。

成績はともあれ、楽しい隊長との旅を楽しむつもりです。



(07年4月 熊本大会・チャコタママさん撮影)




隊長のごはんブログは、ただ今編集中!
今日は、ためになるお話?



【koro隊長からのお願い】



koro隊長は、ブログランキングのかけっこに参加中です!
下のバナーを、ポチッとクリックして、隊長に応援お願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(by 足が遅いけど、かけっこは好きな隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:38| Comment(6) | TrackBack(0) | koro隊長のアジリティー談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。