プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2007年12月02日

koro隊長、受難!

遠征復帰の第一弾として、滋賀県竜王町のドラゴンハット(通称ドラハ・全天候型ドームでドッグスポーツのメッカ)に行ってきました。

JKC近畿ブロックのアジリティー競技会(12月2日)に出陳するためです。

管理人koropapaが体調を崩して以来、約1ヶ月ぶりの復帰です。


(朝焼けに浮かぶドラハ)



しかし、今回は、koro隊長が体調を崩してしまい、最悪のコンディションに…。

三日前から、隊長のお腹の調子が悪くなり、普段なら一日様子を見れば、たいてい、元に戻るのですが、今回は、良くなるどころか、日を追うごとに症状は悪化し、ついに昨日からは、水のような便になってしまいました。

お腹が痛むらしく、夜中にきゅんきゅん鳴き出し、外に連れ出すと、何回も下痢をしていました。

うんPが緩くなることは、これまで何度もありましたが、こんな症状は初めてです。

今日は絶食させ、とりあえず競技会に望みましたが、あまり元気がありませんでした。

原因は分かりませんが、心当たりがあります。

水曜日の夜の散歩で、油断した隙に何か拾い食いをしてしまい、その翌日からうんPがおかしくなりました。

以前にも、腐った食べ物を拾い食いして、これと同じ状況になったことがあったので、今回も、多分、それが原因かもしれません。

飼い主として不注意でした。

少しでも良くなればと思い、お腹をさすったりしましたが、そのうち、なんと私のお腹も下痢腹に…。

二人で、ぴーぴーしゃーしゃーとシンクロナイズド・ぽんぽんイタイに!(食事中の方は、スミマセン)

どうやら、隊長の症状に感応してしまったようです。

不思議なことですが、私と隊長にの間には、こういうことがよくあります。

二人とも、数年来、肝臓の数値が良くないですし、片方が調子を崩すと、なぜか伝染してしまうようなのです(十月の神奈川遠征のときもそうでした)。

私の方は赤玉を飲んだりして、軽快しましたが、隊長は今晩も相変わらずです。

いずれにしても、素人判断は危険なので、明日は、病院に連れて行くつもりです。


遠征の方は、ブログや競技会を通して知り合いになったHanaパパさんの練習仲間の方と、偶然、宿でご一緒になったり、帰りは京都の宇治エリアに立ち寄ったり、駆け足ながら、盛りだくさんの遠征旅行となりましたので、ぼちぼち整理してアップしていきます(って言うか、東京、福岡の遠征旅行記も、まだ整理しておりませんが…汗)。


宿でご一緒したトイプードルのパフィーちゃんご一家です。

翌日の競技会では、見事クリーンラン!

おめでとうございました。






隊長服を着て、京都の宇治川河畔を散策する隊長。

この間も、お腹はぴーぴーでした(泣)。








ニュー隊長ごはん234

生食118日目(11月30日)の朝ごはんです。






(レシピ)
きびなご 140g
大根おろし
人参すりおろし
カイワレ大根
すりゴマ
黒酢

愛情サプリ


前日から下痢気味でしたが、もう治っているだろうと思い、朝は、普通の食事にしました。

消化を助けるために、大根おろしと人参おろしを添えました。

お腹が痛くても食欲が落ちないのが、隊長の特徴です。

ちっとは、病人らしせんかい!






ニュー隊長ごはん235


生食118日目(11月30日)の晩ごはんです。

晩御飯の前に葛湯を作って与えました。






葛湯には、胃壁や腸壁を保護する作用があります。






本来なら、晩ごはんは抜いて、葛湯だけにしてもいいのですが、競技会の前だったので、量を少なめにして与えました。






(レシピ)
葛湯200cc+リンゴ汁

ラム肉ショルダースライス 80g
パセリ
カイワレ大根

愛情サプリ



野菜類は、スピードカッターで細かくして、消化しやすいようにしました。


隊長は、この日の夕方、じゅうたんの上でうんPをしました(泣・その日に限ってシートを敷き忘れていました)。

普段の彼は、まず部屋の中でしません。

よっぽど、我慢できなかったのでしょう。

きゅんきゅん鳴いていました。

そのあと、とっても、ばつの悪そうな顔をしていました。

もちろん、叱りませんでしたよ。

でも、食欲はいつも通り…。

逆に、隊長の食欲が落ちたら、大いに心配です。








【koro隊長からのお願い】


ぼくは、ぽんぽんの調子が悪くなりました。
下のボタンをポチッと押して、ぼくを励ましてね〜♪


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(ぽんぽんが痛いkoro隊長)
タグ:コーギー
posted by koropapa & koromama at 22:47| Comment(16) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ぽんぽんイタイ!

朝一番で、病院に行ってきました。

隊長が苦手なのが、びょういんとびよういんですが、この二つは同じ建物内にあります。

待合室で、朝からブルーな気分の隊長。






ちょっと、冴えない表情です。


ガラスの部屋(ヒロシで有名な曲)のBGMが流れてきました。

きのうから何も食べてないとです…。






糞便検査や血液検査のあと、栄養補給と脱水症状を防ぐために、点滴を受けます。






女性の先生がやるときは、比較的おとなしくしておりますが…。






途中で点滴の針が外れてしまい、院長先生に代わると、じたばたし始めました(それもかなり…汗)。

やっぱり、女性の先生の方がいいようです。

結局、病院のスタッフ総動員で、隊長一人にかかりきりのVIP待遇(って、意味が違うか?)。






隊長は、基本的にとても恐れでビビリ。

だから、怖くてたまらないみたいなのです。






点滴のあと、隊長の一番嫌いな注射が2回待っていました。

四人がかりで犯人逮捕の図(汗)。






腸の蠕動を押さえる注射と下痢止めの注射です。

困り顔で眉間に皺が寄る隊長。






結局、血液採取や点滴(じたばたするため、途中で外れて何度も刺される)、注射などで、何回もチクリの刑に処せられた隊長。

あたたたたた…。

まるで、北斗千手殺ならぬ、注射千手殺です。






診察が終わると、いち早く外に出ようとします。






整腸剤などのお薬をもらい、諭吉さんとの別れを済ませて、病院を出ました。






結局、腸炎との診断でした。

糞便検査の結果、ウィルスや細菌性のものではなかったので、ちょっと安心です。

白血球の値は正常でした。

先生のお話では、嘔吐が見られないので、風邪から来るものではないかとのこと。

コーギーは、もともと胃腸が弱く、季節の変わり目などにお腹を壊す子が多いとのことです。

また、他のわんちゃんのおしっこのあとを舐めたりすると、風邪のウィルスやいろんな病原菌に感染することが多いので、やめさせた方がいいそうです(そう言えば、隊長は、これをよくやっていました)。


まる二日、絶食状態だったので、本格的なうんPは出ていませんが、夜には、少し落ち着いたようです。

お騒がせしました。

皆さんのワンちゃんも、風邪など召されないよう、気をつけましょう(もちろん、飼い主さんもね…)





ニュー隊長ごはん236

生食119日目(12月1日)の朝ごはんです。






(レシピ)
葛練り
はかた元気無薬鶏まるごとすり身 125g
キャベツ
セロリ
人参
大根

愛情サプリ



ドラゴンハットに向けて、出発の朝です。

野菜は、スピードカッターで細かくし、胃腸の保護のため、葛練りを混ぜました。






ニュー隊長ごはん237

生食119日目(12月1日)の晩ごはんです。






(レシピ)
朝食と同じですが、量は少なめ(まるごとすり身100g)です。


滋賀県大津市のペンションにて、特製隊長弁当をいただきました。






この日も、下痢がひどかったのですが、食欲は旺盛!






下痢していても、食欲は落ちないようです。






まだ、この日は、普通の下痢くらいに思っていました。

こりゃ、おかしいと気づいたのは、この日の夜です。





【koro隊長からのお願い】



ぼくは、ぽんぽんがイタイうえに、びょういんでひどい目に会いました。
下のボタンを、ポチッと押して慰めてね〜♪


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(びょういんは好かんkoro隊長)
タグ:犬の健康
posted by koropapa & koromama at 20:20| Comment(20) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

ぽんぽんは大切ね!

今日のkoro隊長です。

だいぶ、落ち着いてきました。






嬉しいことに、今日は下痢症状も止まりました!


今回のことをきっかけに、わんこの胃腸のことについて、少し勉強することにしました。

ペットの健康や医療について書かれた本(犬・猫・カメ)は、100冊以上所有していますが、犬の医学の一般書としては、これが一番詳しそうなので、胃腸の病気にはどんなものがあるか、ざっとおさらいです。


(犬版の家庭の医学です)




下痢と一口に言っても、いろいろな原因があります。

下痢と嘔吐が同時に見られる場合、ウィルスや細菌性の感染症も疑われます。

特にパルボウィルス感染症、犬伝染性肝炎、コロナウィルス性腸炎、サルモネラ菌による食中毒などは、緊急の治療を要します。

ほかに、レプトスピラ症ジステンバーでも、下痢と嘔吐を引き起こすことがあるので、症状が1日で治まるような軽度のものは別にして、2〜3日続くようなら、獣医さんの診察を受けるべきでしょう。

ほかに、風邪によるもの、過食、アレルギー、腫瘍、寄生虫、すい臓病、精神的ショックなど、さまざまの原因が考えられますので、ぽんぽんイタイも、軽く見ないほうがいいようです。



本村先生のナチュラルケアシリーズに胃腸をテーマにした本がありますので、ホリスティック獣医学の立場から、胃腸のケアや手作り食をするうえでの注意点を、この本で勉強開始しました。

胃腸のほかに、肝臓やすい臓疾患について書かれた章もありますので、この際、学んでおこうと思います。








ニュー隊長ごはん238(は、お預け…)

生食120日目(12月2日)の朝ごはんと言いたいところですが、この日は、隊長の様子が、いよいよおかしいと気づきました。

普通の下痢ではありません。

悪いことに、ちょうど遠征旅行の最中で、しかも、アジリティー競技会の当日でした。

仕方ありませんので、この日は、絶食としました。

胃腸の調子が悪いときは、絶食が一番です。

体調が良くないときに、食欲がなくなるのは、自然の摂理と言われています。

通常、自然界の動物たちは、具合が悪いときは、食事を取らず、じっとしています。

(隊長は、本能が壊れているのか、食欲が落ちませんが…汗)

これは、体内のエネルギーを、治癒のプロセスに集中させるための、体の知恵だと言われています。

なぜなら、1回の食事で、消化のために費やされるエネルギーは、長距離マラソンに匹敵するものだからです。

病気だから、栄養のある物を食べなさいというのは、実は自然の摂理に反する行為だと、酵素栄養学では、考えています(病状と期間によりけりですが…)。

絶食か消化の良い軽めの食事にして、じっと体を休める。

これが、自然治癒力のプロセスをバックアップするための、最善の措置でしょう。

特に胃腸が不調な場合には、消化器官を休めるためにも、絶食したほうがいいようです。

通常は、24時間の絶食と12時間の絶水、或いは消化の良い食べ物を少量だけ与えます。

ただし、激しい下痢を繰り返す場合は、脱水症状に陥ることがあるので、輸液などの医療的措置が必要です。



という訳で、この日の隊長は、栄養ドリンクと犬用ポカリのみで、固形物は食べませんでした。






競技会の朝にあげたのは、わんカロリーゴールドです。

タウリンやオリゴ糖、13種類のビタミンがバランスよく配合されています。






ちょっと、不満げな隊長。






それでも、缶を開けるときは、期待に満ちた眼差しです。






見事な飲みっぷりです。






この日も下痢が止まりませんでした。

こんな日に競技会で、隊長には悪いことをしました。






この日の隊長の様子は、また改めてレポします。





【koro隊長からのお願い】



ぼくは、ぽんぽんイタイが少し治りました。
お見舞いクリックで、下のボタンをポチッとしてくださると、元気が出ます。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(今日から普通食に戻ったkoro隊長)
タグ:犬の健康
posted by koropapa & koromama at 20:47| Comment(14) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

決意!

最近、遠征旅行をキャンセルをしなければならない事態(主に体調不良)が相次ぎました。

11月24日 岡山アジリティー競技会
  既に申し込み、入金までしていたが、自律神経の不調でキャンセル。
  締め切りぎりぎりで間に合う(返金OK)。

12月8、9日 セミナー受講のため神戸旅行
  旅行直前にウィルス性胃腸炎を発症。
  ぎりぎりでセミナー、ホテルのキャンセルが間に合う(違約金発生の前日)。

2008年1月26日 千葉ブロックアジリティー競技会
  お得なディスカウント航空券の決済当日(11月末)に具合が悪くなり、予約を流して しまう。


不思議なことに、いずれのケースも、締め切りぎりぎりのタイミングに間に合い、違約金が発生する直前にキャンセルできました。



その結果、何が起こったか…。



ぽっかりと空いた時間と使う予定の資金が手元に残りました。



そこで…。



いずれは、取り組みたいなあと思っていた、あることを決断し、申し込みました。



それは…。





須崎恭彦先生のペットアカデミー入学です。




須崎先生は、獣医師・獣医学博士であり、東京で動物病院(こちら)を経営されておられますが、日本における手作り食やナチュラルケアの草分け的存在であり、著作も数多く出版されています。

隊長家は、現在、本村伸子先生の生食ビリングハースト博士のBARFに取り組んでいますが、もともと、隊長家が手作り食を始めたのも、須崎先生の本との出会いがきっかけだったのです。


(須崎先生の最新刊)




須崎先生は、加熱調理した食事を中心に紹介されていますが、生食を否定されているわけではなく、広くいろいろな選択肢を持つべきだという考えを持たれています。

その須崎先生の知見やノウハウを、幅広く、そしてより深く取得できる場として、ペットスクールを開講しておられる訳です(こちら)。

DVD教材や問題集などによる通信教育が主体ですが、一方通行の情報提供ではなく、電話会議WEB会議で、リアルタイムに生の講義を聞いたり、質問をすることができます。

また、受講者専用掲示板メーリングリストなどの利用を通じて、受講者からの質問や疑問点が、次月以降の教材に反映されるなど、双方向のコミュニケーションを可能としているのが特徴です。

また、上級コースでは、年に何度か須崎先生へ直接電話して、質問したり指導を受ける機会が設けられています。


今回、旅行資金を使わなくて済んだので、スペシャルコースの受講を申し込みました。

年6回の直接電話指導が受けられるのがミソです。


コーギーの犬種特性に合わせた食事や健康管理はどうあるべきか?

スポーツドッグとしての食事や健康管理はどうあるべきか?

ガンやヘルニア、関節疾患、結石などの有効な予防策は?

適切な口内ケアの方法は?

弱点のある内臓の強化策は?

ペットのメンタルケアやストレスマネージメントはどうしたらいい?

生食、加熱食、フードなどの状況に応じた適切な選択と処方は?

ハーブやサプリメントの適切な選択と使用法は?

ペットのアンチエイジングの方法は?



このような疑問や課題について勉強しつつ、須崎先生への質問や指導を受けられることを楽しみにしています。

ペットアカデミーは、3年間を一区切りとされているので、その間、徹底的に須崎先生の知識やノウハウを吸収しようと思います。


現在、さまざまなペットの健康情報が、巷に氾濫しています(人の分野も同じですが)。

正反対の理論が対立し、通説、俗説、過去の説などが入り混じって、素人が本物を見分けるのは、なかなか難しいものです。

さらに、獣医学や栄養学の分野は、日進月歩で、須崎先生もHPで述べられているように、この前まで正しいとされた学説が、今日、覆ることもしばしばです。

本村先生にしても、須崎先生にしても、過去の本で書かれた内容を、最近のセミナーにおいて、訂正したり修正されることも、珍しくありません。

だからこそ、最新の情報にアクセスできる、環境を整えておくことが必要だと感じています。


ホリスティックケア・カウンセラー養成講座の受講と同時平行ですが、お互いに補完・強化できる部分も多いと考え、このタイミングで受講することにしました。

もし、体の不調などがなければ、このタイミングで、受講を決意することもなかったことでしょう。

人生、どこでどうつながるか、分からないものですね。

つくづくご縁と言うか、不思議な巡り合わせを感じます。


これが、GNP(元気で長生きプロジェクト)第三弾です。


koro隊長のGNPを応援してね〜♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ





【koro隊長の一言ニュース】

佐世保で起きた、銃乱射事件の余波が続いています。

現在、日本国内には、合法的に所持を許可された銃が、30万丁もあるとのこと。

今回の事件を契機に、銃の許可・更新基準や審査の甘さが露呈してきています。

もしかしたら、あたなの隣に、銃を所持している人がいるかもしれませんよ。





ニュー隊長ごはん264

生食133日目(12月16日)の朝ごはんです。

この日は、アジリティー競技会の日だったので、競技終了後に遅い朝ごはん(というより、昼ごはん)となりました。






移動用のポータブル冷凍庫を買い求めようと考えましたが、そこまでしなくても、大丈夫でした。






移動中は保冷ボックス、ホテルでは冷蔵庫に入れていたので、保存は、ばっちりです。

これで、旅行中の隊長の食事問題も、解決です。






旅行中も、完璧な食材バランスの取れたBARFを実践することができます。






競技に参加した数百頭のわんこの中では、唯一会場で生食パティを食べた男?のkoro隊長です。






あいかわらず、豪快な食べっぷりでした。








ニュー隊長ごはん265

生食133日目(12月16日)の晩ごはんです。

手作りで用意する時間がなかったので、Dr.B'sコンビネーション+スーパーわんにゃんで済ませました。






完璧な栄養バランスなら、すべてこれに切り替えてもいいようですが…。

決定的な違いがあります。

それは…。

愛情サプリです。

手作りの過程で、食事に愛情がこもるかどうか、このプロセスが大切だと思います。

だから、晩ごはんは、手作りにこだわり続けます(今のところはね)。









【koro隊長からのお願い】



ぼくは、わんこブログのランキングに参加しています。
下のボタンをポチッと、押して応援してね〜♪


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

(舌のスタンドが成長中のkoro隊長)
posted by koropapa & koromama at 18:02| Comment(16) | TrackBack(1) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

koro隊長の診察室

今日は、楽しみにしていたFNC(福岡ネットコーギーズ)の新年会でしたが、隊長の体調不良により、泣く泣く断念しました。

一昨日から、咳のようにゴホゴホやっていたのですが、これが実は吐き気だったらしく、昨日の午後、3回位吐いてしまいました。

11月に腸炎をやっていたので、ちょっと心配!

隊長は、吐いて床を汚すと叱られると思ったのか、すぐに食べて片付けてしまいます。

そのときの隊長の様子です。

ブログで公開するようなものではないのですが、隊長のカルテ(健康記録)として残しておく意味で貼り付けました(お食事前の方は、見ないでね!)






一口に吐くと言っても、さまざまな原因が考えられます。

胃炎、胃捻転、胃拡張など消化器系の病気のほか、異物を飲み込んだ場合や頭部の強打、中毒、腎臓の疾患、腫瘍、リンパ腫、あるいは、パルボ、ジステンバー、レプトスピラ、肝炎などの感染症、寄生虫などなど…。

吐いても、ケロッとしている場合は、あまり心配ないようですが、激しく吐いたり、血が混じっている場合は、重篤な病気が心配されます。

昨夜12時過ぎに少し吐いたあと、キュンキュン鳴いて辛そうだったので、今日はかかりつけの病院に連れて行くことにしました。

お出かけを察知して、置いていかれまいと必死だった隊長も、行き先が病院と分かって、浮かない顔をしています。






隊長専用?口輪をはめて、診察開始です。

基本的に隊長は、ものすごくビビリだなあと感じました。

怖いので、鼻に皺がよるようです。



まず、今日の体重は…。






12.2sでした。

昨年の12月7日、腸炎のあとで一番痩せていたときが、10.8sでしたから、1ヶ月半で1.4sの増量と、でぶやプロジェクトの方は、順調なようです。

先生によると、隊長の骨格からすると、13s前後あっても、いいのではないかというお話でした。



そして、血液検査もしていただきました。

相変わらず、院長先生含め獣医師2名と看護士2名のVIP待遇。

さすが隊長です(笑)。






前回(12月3日)の検査で、総レステロール値中性脂肪値が、異常に低いことが分かりましたが、今回は、でぶやプロジェクトの成果もあってか、正常値に改善!


(中央左側が犬の正常値、手書きの数字が今回の測定値)



前回は、総コレステロール値が99、中性脂肪にいたっては、10以下(測定できないほど低い)の値だったので、この点は安心しました。



さて、今回は、新兵器犬用体脂肪計を使って、隊長の体脂肪を測定してもらいました。






前回の検査で計っていたら、きっと、ものすごく低い値が出ていたかもしれませんが、
今回は、中性脂肪などの検査値が改善されたので、きっと、標準値に近くなっているのではないかと思いました。



ところが…。



(花王ヘルスラボのパンフより)




隊長の体脂肪率は…。


なんと!






まだまだ低い(痩せ気味)であることが判明しました。

病院で計ったわんちゃんの中では、最低記録だそうです。

まだまだ、でぶやプロジェクトの推進が必要なようです。






最後に、後ろ足に、炎症を抑える抗生剤の注射を打っていただきました。


「ちょっと痛いですが…」


先生の言葉に反応して、びくっとする隊長。

隊長の行動を熟知している院長先生が、そろ〜っと、後ろに回ったのですが、隊長は感づいていました。


おお〜っと!


ここで、女の獣医師さんのヘッドロックが決まりました!

でも、今日はパパがいたので、まあまあ落ち着いていましたよ。






お利口だったね〜。

と女の先生から褒められました(これくらいで、喜んでる飼い主も馬鹿だね…)。






診察が終わって、ほっとした表情の隊長。


お利口にしたあとは、おやつでしゅね!






結局、胃腸炎でしょうとのこと。

どうも、隊長は、胃腸が弱いと診断されました。



(ー_ー;) フウ







昨夜の晩ごはんは、葛練りスープ(300cc)を作りました。

豚肉、大根、人参、キャベツを煮たスープで、本葛を溶かしました。






胃腸が不調でも、食欲はあります。






今日の朝ごはんです。

昨夜と同じ具で取ったスープに、ミキサーで細かくした具を混ぜました。

分量は、300ccです。






人間が舐めても、美味しかったですよ。






さて、隊長ごはんは、須崎恭彦先生の薫陶よろしきを得て、近日中に大リニューアルを敢行します!

隊長ごはんは、どんどん進化しますよ!



オフ会に出られなかった隊長に、慰めとお見舞いのポチッをお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
posted by koropapa & koromama at 18:39| Comment(21) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

隊長に異変!

隊長に異変が起こりました!

気がついたのは、昨日のお昼から、お出かけしようと思っていたときのことです。


昨日の朝は…。






いつも通り、毒味の儀式も無事に済ませ…。






スマイルも決まって、元気に朝ごはんを食べていたのですが…。






数時間後…。






お分かりでしょうか?






そうなんです。

左目が潰れてしまっています!






写真ではそう深刻に見えませんが、実際は完全に片目が潰れ、瞼を開けてみると、眼球が上向きでひっくり返りそうになっているではありませんか!


なぜ?


どうして?


心当たりはありません。


不思議なことに、koromamaの片目にもできものができて、腫れてしまいました。

単なる偶然でしょうが…。


初めての経験で、肝を冷やしました!


隊長は、治るのでしょうか?


どなたかご経験はありませんか?



万一の場合は、こんな具合になってしまうのでしょうか…。






今は、ただ隊長の回復を祈るばかりです。


隊長レスキュー緊急プロジェクト発動!(ちと大げさか…)

続報を待て!



災難が降りかかった隊長に、ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
タグ:犬の眼病
posted by koropapa & koromama at 18:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

隊長受難!

隊長の片目が潰れてしまった異変を、昨日お伝えしました。

考えられる原因は…。

物にぶつかった!

蜂か虫に刺された!

あるいは、感染症?

などですが、果たして治るのでしょうか?


かかりつけのお医者さんに行きました。






隊長の怖いものは、雷とならんで、注射チク!の病院なんです。






とにかくビビリの隊長は、噛みついたりすることはないんですが、処置中に鼻に皺が寄るので、念のため、口輪をしてもらいます。






うらめし顔で、こちらを見る隊長。

まるで、落ち武者の呪いのような顔。






アジリティー・チャンピオンの面影もない、情けない顔です。






誰かがやってきました。

いよいよ困り顔の隊長です。






先生登場!

須崎先生と並んで、隊長家の信頼が厚いM先生です。






えっ!

まさか、目に注射?

隊長の顔に緊張が走ります。






帰るでしゅよ〜!


恐怖に顔がゆがむ隊長。






驚かせましたが、実は針はついていません。

検査試薬を目に入れるシリンジなんです。






さらにへんな機械が登場!






実は、眼球に傷が入ってないかどうか見る検査なのでした。

傷が入っていれば、ブラックライト?に反応して線が浮かび上がります。






眼球の中心に円状の傷がはいっていましたが、さほど心配するほどではないようです。

多分、何か物にぶつかったのかな。

心当たりりは、ないのですが…。


ともあれ、よく頑張りました。

看護士さんからほめられ、少し困り顔がほぐれた隊長。






検査も、無事終わりました。






注射チクもなくて、ほっとする隊長。






のんきにあくびをします。

ていうか、緊張をほぐしているんでしょうけど。






目薬2本、炎症止め、抗生物質をいただき、諭吉さんとの別れを済ませて、病院を出ました。






家に帰って、片目は潰れたままですが、スマイルを決める隊長。






隊長の目が治るといいですんが…。

何と言っても、目は、アスリート犬の命、それに、隊長のトレードマークであるスマイルの要ですからね。



隊長の目が治るように、ポチッと1票、応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
タグ:犬の眼病
posted by koropapa & koromama at 18:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

目薬大作戦!

隊長の目の異変については、最初、眼球が上向きになったりしていましたので、ちょっと心配しましたが、幸い大したことはないようです。

この際と思って、犬の医学事典で、目の病気を調べてみましたら、60以上もありました。

コーギーは、緑内障なんかに気をつけないといけないようですね。

これから、目に優しい隊長特製の食事メニューも登場しますよ!






今回、病院でいろいろ薬は処方されましたが、目薬を中心にして、抗生物質などの服用薬は、初日をのぞいて、見合わせました。



これは何でしゅか?






目薬に興味津々で、くんくんします。






これでは、けっこう大変かなと考え、バナナで吊る作戦を実行。






思惑通り、バナナに釘付けの隊長。






しかし、手早くやらないと…。






こうjなります。






間合いと見切りが大切!

これは、武道の精神に通ずるものがあります。






間合いを詰める目薬マスターkoromama。






接近すると…。

あっ、鼻に皺が寄りました!






仕切り直しです。






バナナに引きつけ、そろそろと接近。






敵もさるもの!

隙をついて、バナナを奪取しようとする隊長。






まあ、遊んでいるみたいですが、こんなことしなくても、意外にお利口にさせてくれました。

ただ、この目薬はAとBがあって、最初の目薬Aから5分後にB薬をささなければなりません。

これがちょっと面倒。

最初のAをさすときは、きょとんとした表情をしていますが、Bをさすときには、ちょっと警戒して嫌がるので、少しコツが要ります。

まあ、これも目薬のあとに、おやつという図式で、ほぼクリア!

食いしん坊の隊長ならではの技です。


さて、その後の隊長ですが…。


かなり戻りました!

まだ、少し眼球が赤いですが、チャーミングポイントの目は、ぱっちりと開いています。






治らないときは、眼科専門病院にでも行ってみようかと思っていましたが、どうやら大丈夫そうです。

お騒がせしました。



事なきを得た隊長に、ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
タグ:目薬
posted by koropapa & koromama at 18:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 隊長カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。