プロフィール
名前:koro隊長
年齢:8歳
誕生日:2002年6月6日
性別:男の子
職業:須崎動物病院山口移動式診療所名誉院長(看板犬)
ウェブサイトURL:http://ameblo.jp/petlongevity/
一言:くじで当たった犬が、グランドアジリティーチャンピオンにまで登りつめた、奇想天外、抱腹絶倒の物語。
山口ネットコーギーズ隊長。北海道から九州まで全国武者修行し、旅・グルメ・競技会の極楽生活満喫中!

2008年05月27日

竜宮城へようこそ!

先週の遠征旅行で立ち寄った、香川県三豊市の庄内半島は、浦島太郎の竜宮伝説にゆかりのある土地だとお話しました。

カメを助けた浦島太郎が、お礼に竜宮城へと誘われる話は有名ですが、実を言いますと、隊長家は、カメさんとの縁が深いのであります。

我が家は、現在、18匹のカメさんと同居していますが、そのうち半数近くは、レスキューしたものです。

そのためか、これまでもカメさんからのお礼がたくさんありました。

その最たるものは、koro隊長との出会いでしょう。


(アカウミガメ)




実は、カメさんとの出会いがなければ、隊長との出会いもなかったのであります。

2002年の8月、夏休みも終わりに近い頃、当時、カメさんしか飼っていなかった我が家は、子供たちと行きつけのエキゾチック・アニマル専門のペットショップに買い物に出かけました。

そのショップでは、ときどきビンゴ大会をやっており、商品や生体割引券が当たるイベントが開催されていました。

その日も、ビンゴ大会が行われていましたが、隣接する犬・猫専門ショップの主催だったので、あまりやる気もありませんでしたが、運試しとの軽い気持ちで参加しところ、なんと、大当たり!

思わぬ事態に慌てながら、犬を連れて帰ることになりました。

それが、koro隊長なのであります(詳しくは、こちら)。

その後、隊長の散歩中に、猫たちとの出会いがあったので、

すべては、カメから始まった!

のです。


という訳で、各地のカメさんを見て回るのも、我が家の楽しみの一つ。

この日も、左のカメさんの案内で、竜宮城にやってきました。






竜宮城には、地球上のさまざまな自然がいっぱい!






こちらはヘビクビガメ科のマタマタという水棲ガメです。

岩のような甲羅に枯葉のような頭を持ち(擬態)、魚が油断して近づいたところを、ぱっくんとやります。






この風景の中にも、カメさんがいますよ!






こちらは、南アメリカ(コロンビア、ベネズエラ、ボリビア、ブラジルなど)に棲む、リクガメ科のキアシガメです。

最大甲長(甲羅の長さ)82pと、けっこう、大型になります。






竜宮城から、太平洋に行きますと、地上最大の魚である、ジンベエザメがいました。






最大のものは、12〜13mくらいとされていますが、こちらは、その半分くらいでしょうか。






次に、北カリフォルニア沿岸にやってきました。

ユニークな形のマンボウが見られるのも、ここならでは。






ここの竜宮城には、どこでもドアが付いていて、地球上のいろいろなところへ行くことができます。

こちらは、南極大陸。

実際に天から雪や氷が降ってきます。






こちらのペンギンたちは、思い思いに日光浴をしています。






竜宮城の正体は、もう、お分かりでしょう。






ペンギン・パレードの様子。






ここの展示は、自然界を模した、工夫ある展示方法を取っていて、なかなか見ごたえがあります。






8階建てのビルに14種類の大きな水槽。

ジンベエザメのいる太平洋水槽は、深さ9m、最大長34m、水量5,400tを誇ります。






こちらは、日本海溝に棲むタカアシガニ

深さ200〜800mのところに生息しているそうです。

水槽も暗く、青い光に包まれています。

まさに、グラン・ブルー!






神秘的なクラゲ。

ゆっくりした優雅な動きに見とれてしまいました。

まるで、宇宙生物みたいです。






行かれた方も多いと思いますが、竜宮城体験をしたのは、世界最大級の水族館と言われる海遊館でした(HPは、こちら)。

1990年に開館し、太平洋水槽の大きさが当時世界一でしたが、その後、6,000tのリスボン水族館(1998年開館、ポルトガル)、さらに、2002年に開館し、今のところ世界第一位の沖縄美ら海水族館(黒潮の海水槽)に続いて、世界第三位となっています。






大阪のアジリティー競技会、2度目の遠征となった、2006年の2月18日時に立ち寄りました。






もちろん、隊長は入館できませんが、近くに屋内駐車場があり、まったりと車内待機していました。

第一回目の大阪遠征では、一人車中泊でしたが、今回の隊長のお泊りは、どうだったのでしょうか?


また、車でしゅか?






このあと、隊長一行は、ある牧場に移動します。

続く…。


昔の隊長にポチッと応援お願いしま〜す♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
ラベル:犬と旅行
posted by koropapa & koromama at 19:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 大阪犬連れ紀行2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

浪速のワールドな牧場!

大阪郊外の河内平野を見下ろす広大な敷地。

夜景がきれいな場所にやってきました。






海遊館をあとにした隊長家は、大阪府南河内郡ワールド牧場内にある、ワールドヴィレッジに到着しました。

牧場内には、馬やヤギ、羊、犬、小動物などが飼われており、乗馬体験ができたり、犬連れは、ドッグランで遊ぶこともできます。

付属施設として、天然温泉やレストランなども完備。






ワールドヴィレッジには、ログハウスやコテージがあり、犬と宿泊することができます。






隊長家が宿泊したのは、定員10名のコテージ。

ケージが備え付けてありますが、屋内はフリーです。






一応、備え付けのケージをチェックする隊長。

入る気はないくせに、チェックしないと気がすまないようです。






1階は、リビングのほかに和室と洋室(ベッド)が、1部屋ずつあります。

2〜3家族で泊まっても十分な広さ。






さらに、ロフトのような2階まで。






屋根裏部屋的な雰囲気です。






こちらにもベッドがたくさん。

さすが定員10名。






隊長も上ってきました。






Aフレームの練習でしゅよ!


やはり、アジ犬です。

でも、隊長は、階段を上るのは得意ですが、下りるのは苦手なんです。






部屋のチェックに余念のない隊長。






リビングにコタツがあるのは、グッド!

ほとんど家にいる感覚です。






コタツ派の隊長家には、ぴったりでした。






隊長とのお泊り体験は、確かここが2回目だったと思います。

冷蔵庫や生活家電一式があるほか、すぐ隣に車を留められるので、とても便利でした。






流し台もついていて、自炊することもできます。

食事は、別棟のレストラン(レストランくまのじ)でいただきました。

残念ながら、犬の同伴はできないので、隊長はお留守番です。






隊長は、ぴょんぴょんと跳んで、流し台をチェックします。


ジャンプの練習でしゅよ!


明日の競技会に向け、自主練に怠りないようです。






自主練が終わった(獲物がないと分かった)あとは、隊長もくつろぎます。






2階からリビングを見下ろします。

散らかして、何だかうちの家みたい…。






2006年2月18日に一家で泊まりました。

2年あまり前のことですが、遠い昔の出来事のような気がします。

大阪の競技会会場(海とのふれあい広場)まで1時間以上かかり、ちょっと遠かったですが、景色もよかったし、温泉も広くて、楽しかったですよ。






宿泊料金は、季節や人数によって異なりますが、冬季の休前日4人宿泊の価格で、1人10,700円でした。

駐車場、温泉入浴料(別棟)、2食付きの値段です。

翌朝は、競技にむけて、早い時間に出発したため、サンドイッチを作ってくれました。


ワールド牧場のHPは、こちら


隊長のお宿評価は、☆☆☆です。

牧場内で遊んだあとに宿泊すると、楽しいかもね。



旅がらすの隊長にポチッと応援お願いしま〜す♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
ラベル:犬と旅
posted by koropapa & koromama at 18:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 大阪犬連れ紀行2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。